SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.12

【F1第18節/北海道×仙台】ハットトリックの堀内を絶賛「監督としての目標は堀内が代表に呼ばれること」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月12日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催小田原ラウンドが行われ、ヴォスクオーレ仙台はエスポラーダ北海道と対戦し、5-2で勝利した。

決定機までは作り出せる仙台だったが、ゴールが遠い展開に。しかし前半終了間際に堀内迪弥の胸トラップからボレーシュートがゴールネットを揺らして先制に成功。さらに後半立ち上がりにもCKから再び堀内がネットを揺らしてリードを2点とした。

迎えた28分には前線でフリーの状態からボールを受けた藤山翔太のシュートが決まって、仙台は3点目。34分には堀内がハットトリックとなるチーム4点目を奪い試合の大勢は決した。その後は、北海道が仕掛けてきたパワープレーから失点するも、内野脩麻がパワープレー返しを決める場面もあり、リードを保ったまま試合は終了。仙台は共同開催小田原ラウンドの初戦を白星で飾った。

勝ち点3以上に意味がある試合

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

選手を褒めたいと思います。ホームゲームで北海道に負けていたので、この試合は絶対に勝つ気持ちで入りました。試合に真面目に取り組めてよかったです。以前までは、自分たちがボールを持つ時間が少なかったですが、特に今日の試合は相手が引いて自分たちでボールを持つ時間が長かったです。

その中で前半は良い勝負でした。後半と比べると前半が良い勝負でした。自分たちは後半に入って2点入れてさらにスイッチが入りました。後半は試合を支配できたと思います。勝ち点3を取れて嬉しく思います。明日の試合に向けて準備していきたいです。

──堀内選手のピッチで放つ存在感が増しているような印象だが、監督から見て彼の変化は。
初めて会った時、大阪から仙台に移籍してきたのが2年半前です。仙台の一員として初めから今までいつも点を取っている選手です。1試合目でも決めました。監督として、すごく良い選手が自分のチームに欲しいです。迪弥は少しずつ経験を積んでいます。前は楽しくフットサルをやっていて、今も楽しんでいますがフットサルを理解してプレーしています。監督の目標、彼の目標はもっと成長して、来年は代表に呼ばれるようにすること。2020年に仙台の選手が代表に入れば幸いです。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

直接順位を争っている北海道が相手でしたし、ホームでの試合は先制されて、逆転して、逆転された悔しい思いがありました。こういう共同開催で勝利できたことは励みになります。セットプレーから得点できて、僕とマルロン選手は遠目からのシュートが打てる中で相手に警戒されている部分がありました。今回はペナルティーエリアの中で合わせることができたので、相手のディフェンスはこれから対策するときに迷いが生じると思います。勝ち点3以上に意味がある試合になったと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami