SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.12

【F1第18節/浦安×立川・府中】2点リードを守り切れず……。「後半は普段の練習でやっていることや、やりたいことができなかった」(浦安 アルベルト・リケル監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月12日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催小田原ラウンドが行われ、バルドラール浦安は立川・府中アスレティックFCに3-4で逆転負けを喫した。

開始早々1分、加藤竜馬がカウンターから先制点を奪うと、さらに4分、田口友也のボレーシュートが相手に当たって追加点。いきなり2点のリードを奪うと、1点を返されたものの、すぐさま加藤がもう1点を追加して、前半はいい流れを生み出せていた。

しかし後半、23分、27分に失点して同点に追いつかれると、守護神・藤原潤がエリア外でシュートセーブに手を出して一発レッド。直後のFKを決められ逆転されてしまう。

浦安はその後、再び同点とすることができずに、残り2分になったところで宮崎岳をゴレイロにしてパワープレーを開始。最後までチャンスを伺い続けたもののネットを揺らせずにタイムアップ。

浦安は直近の6試合で1勝5敗と、なかなか浮上のきっかけをつかめていない。

後半は攻撃のテンポが単調になってしまった

アルベルト・リケル監督(バルドラール浦安)
──今日の試合を振り返って。
選手たちは非常によくやってくれたと思っています。しかし後半は特に、自分たちが普段から練習でやっていることや、やりたいことができずに、相手にボールを渡してしまう場面が増えてしまいました。そこでミスもあり、徐々に相手のペースになってしまったのは残念なところです。いつも言っていますが、できることを続けてトレーニングしていくということと、それをしながら改善していくということ。選手の態度は誇りに思っていますし、これからも続けてほしいと思っています。

加藤竜馬(バルドラール浦安)
──今日の試合を振り返って。
前半はいい流れで終えられましたが、後半はボールの失い方が悪かったり、攻撃のテンポが少し単調になったところがあったなと。それが明日の試合では出ないように、選手間でも話してやっていきたいと思います。

Bitnami