SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.13

【F1第17節/仙台×浦安】終盤の失点で勝ち点2を落とすも「この引き分けはポジティブに捉えなければいけない」(仙台 荒牧太郎)

PHOTO BY軍記ひろし

10月13日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第17節、共同開催町田ラウンドが行われ、ヴォスクオーレ仙台はバルドラール浦安と対戦し1-1のドローに終わっている。

2連戦の2試合目となった両チームの一戦は、ゴール前での攻防が続くがなかなか得点が生まれないクローズな試合となる。それでも13分、前日の試合でハットトリックの大活躍を見せた堀内迪弥が、左CKのチャンスでゴールネットを揺らし、仙台が先制して試合を折り返した。

後半の立ち上がりは浦安にボールを握られる仙台だが、我慢強く対応。しかし36分に試合を振り出しに戻されてしまう。残り26秒には堀内が単騎突破からシュートまで持ち込んだが、これはGKの正面。結局試合はこのまま終了し、仙台は土壇場で勝ち点2を失った。

勝ち点1は満足しなければいけない

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

結果を見ればわかると思いますが良い試合、良い勝負でした。前半は決定的なチャンスがたくさんありながら決めることはできませんでした。今週は3試合あり、みんなとても疲れたと思います。後半でパフォーマンスが落ちて、セットプレーで失点して1-1で終わりました。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

一週間、月曜日、金曜日、土曜日と試合をする中で、今日の浦安戦は後半の最初のチャンスを含めて本当の決定的なシーンがあったにもかかわらず、入れられずに1-1で終わりました。ただ、これはポジティブに捉えなければいけない部分だと思っています。例えば、後半にほとんどポゼッションできない、プレス回避ができない中で、相手が前からプレスにくるところで引っ掛けて(ボールを奪われて失点して)負けてよかったのかということです。そういう部分で、僕らのようなチームは、現実的に勝ち点1でも積み重ねる。順位を争っているチームに勝ち点を与えないことは重要です。そういう意味で今日の結果は満足しなければいけないと思っています。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami