SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.13

【F1第17節/F選抜×立川・府中】立川・府中に今季最多の7得点で勝利!「自分たちのいい部分が全部出た試合だった」(F選抜 三笠貴史)

PHOTO BY軍記ひろし

10月13日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第17節、共同開催・町田ラウンドが行われ、Fリーグ選抜は立川・府中アスレティックFCと対戦した。

前日に湘南ベルマーレに敗れ連戦で臨んだ今日のゲームは前半4分にコーナーキックから失点するが11分に三浦憂がゴール上にシュートを突き刺して同点に。その後14分に小幡貴一のカウンターから仁井貴仁が、17分にゴール付近のFKから球際を制した三笠貴史がそれぞれ点を決めて3-1でゲームを折り返す。

2点リードで迎えた後半は26分に失点して3-2に。34分に瀧澤太将のミドルで更に突き放すが直後にまた決められて4-3となるが37分に鬼塚祥慶のゴールで再び2点差とする。その後、相手はパワープレーを開始するが粘り強い守備からパワープレー返しで3点を奪い、今シーズン最多の7得点で勝利。Fリーグ選抜が連敗を脱した。

逆転したり追いついた経験がなかったので試合の中で大きく成長できた

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

少し、昨日の湘南戦を振り返ってチームとして前に行くアグレッシブさがここ何試合は減っていたかなと。それは相手が少し守備のラインを低くしていることで自分たちも攻撃が少しずつできているのでそこで攻撃をしていこうという部分が見え始めている。そこに関しては自分たちの良さは前に出ていくアグレッシブさを攻守共に求めているので、今日は守備から攻撃へののスイッチを入れて前に出ていくダイナミックさをチーム全体に求めようと。その中でハードワークしようと入ったところが良い方向に言った要因なのかなと思います。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

自分たちのいい部分が全部出た試合だったと感じています。今まで逆転したり追いついた経験がなかったので、試合の中で大きく成長できたなと感じました。個人的にもいい試合ができるときはベンチの雰囲気から「今日はいけるな」と感じますが、今日、久しぶりにその雰囲気が感じられて嬉しかったです。どんな試合でもベンチからのこの雰囲気が出せればピッチ上でもいい部分が出せると思います。

──セットの選手が変わったりしたがメンバーが入れ替わる中、良さの出たシーンが多かった。ピッチでプレーしていてメンバーの組合せが変わることで感じることは。

試合ではメンバーが固定されていることが多かったですが、練習ではいろんなセットでやっています。もちろん、相性のいい選手はいますけど、今日は試合の流れにチームとして乗れればどんなメンバーでもやりやすいです。試合の流れが良くない時に「誰が引っ張るのか」という状況になるとどういうメンバーで出ても苦しくなるんじゃないかと感じています。どういうメンバーよりも一人ひとりがどういう気持ちでピッチに立っているかが重要だと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami