SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.14

【F1第18節/すみだ×大阪】ガリンシャの初ゴールが生まれるがチームは敗戦。「粘り強く戦うクラブの本質的な魂をもう一回思い返す必要がある」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月14日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催町田ラウンドが行われ、フウガドールすみだはシュライカー大阪と対戦した。

前日、小田原ラウンドでアグレミーナ浜松に競り勝ったすみだは前半8分、渡井博之のゴールで先制。しかし14分に同点に追いつかれ1-1で前半戦を終えることに。

後半2分、コーナーキックから春木啓佑のシュートが枠を捉えるが、バーに当たりラインを割れずこれはノーゴール。追い越したいすみだだったが立て続けに失点を重ねてしまう。35分にガリンシャのF初ゴールが生まれスコアを2-4とし、勝負を諦めないすみだはパワープレーを開始。それでもゴールは奪えず37分にこの日5失点目を喫して2-5での敗戦となった。

前半はよく我慢して戦えた

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

大阪は攻撃的な個人のタレントが多い中、自分たちはしっかり守備を徹底していきたい。そういう中で前半はその中でもいいプレーができていましたがやはり後半は少し失点が多かったと思っています。そういう意味では改めて自分たちは1試合で何点も取れるチームではないので粘り強く戦うクラブの本質的な魂をもう一回思い返す必要があるなと思っています。

ただ、逆に言えばここまでずっとそういうゲームを続けられていたのですべてがなくなったわけではなく、やはりこの試合を戒めにして改めて自分たちがどういうチームなのかをリマインドするいい機会にしたいと思っています。そのためには次の浦安戦を自分たちらしいフットサルをして勝つことが大事だと思います。

──改めて今日のゲームプランは。

ひとつは彼らの一番の武器である定位置攻撃に対して、どう守るかをテーマにしました。やはりアルトゥール選手とチアゴ選手の縦のラインというのは非常に脅威になるので、そこをどれだけマンツーマンで封鎖していけるか。そしてピヴォに当たるとしてもなるべく中央ではなくサイドのゴールから遠い所へ追いやる守備の強度を求めて入りました。

攻撃に関してはある程度やりたいことができるイメージはありました。アルトゥール選手の守備が強力ですがピヴォは張りっぱなしでなく少し動きを入れるとピヴォを離す特色の守備をしてくるので、そこでガチンコで戦う時間も大事ですがそれだけでなく、彼の守備能力をボカすような準備をしました。そういった中、例えばガリンシャ選手が少し下りてきてアラの位置で1対1を仕掛けたりとか、そういうところで相手の守備の隙間を狙う準備をしてきました。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

前半はよく我慢して戦えていましたが、点差が開く中、こちらがリスクを掛けないといけない状況での大阪のカウンターが鋭く、止めれなかったことが敗因と思っています。連敗しないことが大切だと思うので切り替えて頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami