SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.14

【F1第18節/名古屋×大分】終盤に追いつかれまさかのドロー!「今日は相手に運がありました。試合は悪くはなかったです」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月14日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催町田ラウンドが行われ、名古屋オーシャンズは、バサジィ大分と2-2で引き分けた。

序盤から押し込んでいた名古屋は12分、ルイジーニョの左足ゴールで先制に成功。その後は、攻めながらも決定打を打てないまま試合を折り返すと、25分に失点を許してしまう。

追いつかれた名古屋は攻撃の圧力を強めていくと、33分にカウンターからペピータがネットに突き刺して勝ち越し。そのまま試合が終わるかと思われた残り8秒、相手のパワープレーからゴールを奪われて同点。直後にタイムアウトを取ったペドロ・コスタ監督はルイジーニョをゴレイロにしたパワープレーを始めたが時すでに遅し。前々節のフウガドールすみだ戦に続き、今シーズン3つ目の引き分けとなった。

大分との3回目の対戦で“リベンジ”する

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

──今日の試合を振り返って。
今日は、上位対決ということで簡単なゲームではないことは最初からわかっていました。この試合を一言の感情で表すと、悔しい。最後の終わり方は望んでいないものでしたし、内容を振り返っても、非常に悪くはなかったと思います。ゴールチャンスを作れていた中で、チームとしてはやれていましたが決めきれなかったために苦しい状況が生まれてしまいました。

今日は相手にいい運があったとも言える試合だと思います。スポーツにははそれも一緒についていかないといけないですし、その運が今日は相手にありました。うちは不運でした。試合は悪くはなかったです。その点としては悔しい引き分け方をしてしまいました。また冷静に映像を見て、どこが足りないのかを分析していきますが、今は内容と結果が異なるということで納得できていない部分があります。もっと細かいところを修正して前に進んでいかないといけないと思っています。

──ヴァルチーニョ、ペピータの組み合わせで出るシーンがありました。これまではヴァルチーニョとルイジーニョのセットがほとんどでしたし、そこは試合状況による部分もあると思いますが、この3人の組み合わせの最適解はどこにあると感じていますか?
今日はほぼ(ヴァルチーニョとルイジーニョ、ペピータ1人の)2セットでしたが、その中でヴァルチーニョとルイジーニョが長いのは、彼らは名古屋でプレーする前から一緒にやっていたので、2人の連係はよくて、チームのためにも起用しています。もちろん状況にもよりますが、相手はその2人の動きは研究していますし、より深く理解されています。なので変化も必要。ペピータも前に向けるピヴォですし、そこの連携もよくしていく必要があります。その状況を変えるというか、サプライズを作るという意味でも、ぺピターとヴァルチーニョのセットも考えています。(これまでの)2セットだけではなく、彼らのなじみ具合や状況によって使うことはあると思います。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──今日の試合を振り返って。
やはり終盤、最後のところで追いつかれると、負けたような悔しい気持ちになります。試合としては、前半のうちに決めておきたかったなと。前半はチャンスがすごく多くて、後半は相手に頑張られたなと。前半が勝負所だったと思っています。でもこんな悔しい気持ちになるというのは、今シーズンは負けていないということで、昨シーズンよりも1試合にかける思いがみんな強いと思います。そこはいい部分でもありますし、逆に1試合への気持ちが強くなりすぎると後に引きずることもあるので、まだ半分しか終わっていないので、これを経験にして次の試合に向かいたいです。また次の大分との3試合目でリベンジしたいです。負けていないですけど、あえてリベンジという言葉を使わせていただきます。

Bitnami