SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.14

【F1第18節/町田×浜松】後半の巻き返しで逆転勝利も前半の出来を指摘「難しい試合になったのはそこに尽きる」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月14日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第18節、共同開催町田ラウンドが行われ、ペスカドーラ町田はアグレミーナ浜松と対戦し2-1で勝利した。

立ち上がりからポゼッションを握って試合を進める町田だが、シュートシーンは少ない。すると12分に失点して追いかける展開となった。さらに18分には森岡薫が負傷。そのままハーフタイムを迎えた。

後半も前半同様に町田が主導権を握って試合を進めて行く。27分には高い位置でボールを奪い、最後はアウグストが蹴り込んで試合を振り出しに戻した。39分には滝田学をGKに置くパワープレーを開始すると、その直後にはその滝田がネットを揺らして町田が逆転する。そこから浜松のパワープレーを受けるが、ゴールは許さず。苦しみながらも町田が勝ち点3を獲得した。

こういう失敗は二度としないように

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

前半が良くなさすぎて、こういう難しい試合になったのもそこに尽きると思います。後半はプレスもかかったし、チャンスも作れたので。全て出し切ればあのようなプレーができるチームです。こういう失敗は二度としないようにしていきたいと思います。

──後半は良い戦いを見せていたが、ハーフタイムでの指示は
たくさんあります。まずはプレスの部分で良い準備してしっかり寄せること。声をかけることなど当たり前のことです。昨日の試合でできていましたし、後半もできていました。やっぱり前半ももっとできたはずです。

そういった部分をしっかり確認して臨みました。昨日も接戦で難しく、疲労もあったと思います。その中で盛り上げたり、指示の声も含めてもっと出すことができるはずだと話しました。後半はみんなで盛り上げて、ベンチも含めて戦えたと思います。そういう部分を次は頭から。昨日の試合みたいにやっていかなければいけないなと思っています。

ダニエル・サカイ(ペスカドーラ町田)

こういう難しい試合になるだろうということは何と無く予想していました。そんなに簡単な試合はありません。順位に関係なく、Fリーグの中で簡単に勝てる試合はないという意識でした。ただ、自分たちの状態が良くなかったのもあると思っています。

長いリーグ戦の中で良い試合ができるとき、できないときはあります。そういう波を無くしていかなければいけません。自分たちのやる試合、自分たちのものを出し切るなど、一定のレベルでしっかりやっていかなければいけないと思っています。

Bitnami