SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.20

【F1第19節/すみだ×浦安】途中まではプラン通りにホームで4連勝。「チーム全体でやるべきことをイメージできていた」(すみだ 須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月19日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が墨田区総合体育館で行われ、フウガドールすみだはバルドラール浦安に3-2で勝利した。

相手にボールを持たせながら守備で主導権を握っていたすみだは、ゴール前で春木啓佑が合わせて先制点をゲット。さらに18分、大薗諒のシュートのこぼれ球を宮崎曉が押し込んで2点差に。

後半もペースをつかんだすみだは、28分、カウンターから中央の宮崎が右の春木に預け、その折り返しを再び宮崎が決めて3-0と試合を決定的なものにした。しかし、相手がパワープレーを始めると、31分、34分と立て続けに失点。それでもゴレイロ・矢澤大夢を中心に粘り強く守り切りホームで4連勝を手にした。

パワープレー返しを決められなかったことが課題

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。
岡村(康平)が負傷して、自分たちの中で一番、再現性のあるセットが崩れるというアクシンデントがあって、そこから強度の高い練習ができないまま試合を迎えました。(前節から中4日ということもあり)練習ができませんでした。それでも、セットが変わった中で(岡村の代わりに)大薗諒が入ったセットで3点を取れたというのは、チーム全体でやるべきことをイメージできていたからかなと。浦安がボールを保持してくることはわかっていたのでそこを利用したかったということではゲームプラン通りでしたが、最後のパワープレー返しを決められなかったのが課題です。その時間帯でもっと攻撃的にいくために、マイボールを保持することを選手には促していきたいです。

──浦安のボール保持を利用したかったということですが、相手の後ろ3枚のパス回しで泳がせて、選手が間に入ってきたところで強くいって奪ってカウンターを狙っていた印象です。そこはスカウティングがハマったということでしょうか。
ボールの奪いどころは、浦安のパス回しはFリーグでも高いレベルにあって、今は一番、ローテーションをしてくるチームです。(ピッチの)深さを取るよりは浅く抜けながら短いパスを回す、、以前の町田のようなイメージです。

そこに対して前半の立ち上がりは、ホームということもありアクティブに寄せていこうと。そして少し経ってからは、うまくいっているところとそうではないところがあるので、後半は相手に持たせながら入ったところやズレたところで一気に寄せようと。そこで奪ったところでカウンターで上がって行くプランでした。なので宮崎が決めた3点目などは、相手に持たせるところがよく出たゴールだったのかなと思います。

──次節に向けて。
残り15試合、選手には、あと15回しかチャレンジする機会がないと話しました。シーズンを通して悔いを残したくはないので、勇敢にリスクを背負って戦ってきましたし、残りもそうやっていきたいので、次の試合も自分たちでゲームを動かしていくというマインドをセットしてやっていきたいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

──今日の試合を振り返って。
後半は、長い時間パワープレーを受けて体力的には厳しかったのですが、前半から3セットで回す場面があって、パワープレーまで体力を残せたことは大きかったです。14人で勝ち取った勝利だと思います。

──次節に向けて。
次はアウェイの仙台戦。前回はホームで不甲斐ない試合をして負けているので、自分たちの向上しているところを見せて、しっかりと勝って帰ってきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami