SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.20

【F1第19節/F選抜×北海道】残り3分からの逆転劇!F選抜が北海道を5-4で下す!「積み重ねてきたものがようやく出てきた」(F選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月20日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が行われ、Fリーグ選抜はエスポラーダ北海道と対戦した。

前節、共同開催の、町田ラウンドで立川・府中アスレティックFCに快勝したF選抜だったが開始9分で早々に2失点を喫してしまう。その後、前半12分にも失点を重ねてしまいスコアは3点差に。17分に第2PKのチャンスを得るが新井裕生の放ったシュートは左ポストに直撃してしまう。しかし18分に漆原玲のロングシュートが決まり、前半を1-3で折り返す。

後半、開始から4分で笠井大輝が新井のシュートの軌道を変えてゴールするが9分に再び失点してしまいまたも2点差に。それでも持ち前の勢いで攻め続けると鬼塚祥慶のシュートで3-4に。直後にタイムアウトを取りパワープレーを開始すると鬼塚がまたもゴールを決めて4-4の同点に持ち込む。すると今度は北海道がパワープレーを始めるが、パワープレー返しで残り9秒に新井が勝ち越し点を決めて劇的逆転勝利を収めた。

0-3から5-4へ!

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

前半の入りはそこまで悪くなかったんですが、相手の狙いどころと自分たちの弱さというか、自分たちの守備の不安定な面を突かれてゲームの展開を作れず前半を経過してしまったなと思います。後半は相手の運動量、総体的な部分で自分たちの良さが出て自然にゲームが展開できたことが最後、逆転できた要因かなと思っています。

──2試合とも逆転勝ちで連勝しました。チームとして勝負強さが出てきたのでは。

積み重ねてきたものがようやく出てきたのかなと。今日はゴール前から積極的なシーンから当たって入ることが2点、3点あったと思いますが、その積極性はシーズンの初めはなく、そこが一番大事な部分だと思います。得点への姿勢を争う姿勢の修正が効いてきたのかなと。シーズンも序盤も失点してもちゃんと戦っていけば逆転はできる気持ちは常に持っています。それがチーム全体でようやく共有できて、いい流れを作れたのかなと思います。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

試合中、自分たちで修正して適応して試合の中で成長できたかなと感じています。今まではいい流れの中からミスから失点して突き放される場面からでも3点差を巻き返すことができたので大きなターニングポイントになったのかなと。前回の共同開催からまた成長できたのかなと感じたゲームでした。

──ターニングポイントという言葉が出ましたがこの試合の手応えは大きかったのか。

チームとして積み重ねたものがピッチに出ているのと、誰かがいいプレーをするといいプレーが連続する事が多いです。例えば鬼塚が勢いあるプレーをすれば三浦に火がついて三浦もいいプレーをするので、今まで誰がやるのという感じでしたが全員が無意識にいいプレーをすることがいい流れに繋がってるのではと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami