SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.20

【F1第19節/F選抜×北海道】3点リードからの逆転負けでチームは8連敗……。「覚悟を決めて臨んだ試合でなんとしても勝ちたかった」(北海道 水上玄太)

PHOTO BY軍記ひろし

10月20日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が行われ、エスポラーダ北海道はFリーグ選抜と対戦した。

7連敗中だった北海道だが、この日は前半7分と9分に高山剛寛と木村優太がゴール。12分にも吉田愁平がゴールを決めて早くも3点差とする。残り2分24秒に1失点をしてしまうが北海道は2点差で試合を折り返した。

後半、開始早々に失点してしまうが9分にゴール付近のこぼれ球に反応した水上玄太が得点し、再び2点差に。その後追いつきを図る相手の猛攻を凌いでいたが相手のロングシュートが決まり3-4に。その直後にパワープレーからまたも失点してしまい同点に。今度は北海道が和田拳斗をGKにパワープレーを仕掛けるが逆にパワープレー返しを食らい残り9秒で追い越され敗戦。連敗を抜け出すことはできなかった……。

前半は相手を上回れた

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

非常に勢いに乗るFリーグ選抜に対して、ここ数試合調子の悪いチームが対戦ということで、気持ちの「負けないぞ」というは部分ではしっかり表現できていたのかなと思います。ですが最後、自分たちからのミスで失点してしまい相手に勝ち点3をプレゼントしてしまいましたが、ここ数試合の中の出来では決して悪くないと思っています。こういう負け方はすっきりしませんがなにかチームの士気が上がりそうで上がらないことがもったいないので、できるようになっている部分改善する部分をプラスに捉えながら前に進んでいかないとトンネルを抜け出すことはできないのかなと思っているので苦しい状況ですけどポジティブにみんなと戦っていきたいです。

──若い選手が多く、リードしているときは活気がありましたが点数を詰められてしまうとコントロールが難しくなるかなと思いますが。

見てのとおりだと思います。勢いで不安になり、押し込まれる気持ちになってしまったりしまいますが最後までベテランたちが声を出してサポートできるような、もしくはピッチに立てて水上がサポートして周りから支えられるようにチームが成長していかないといけないです。

──Fリーグ選抜には北海道出身の選手が3人いますが第2節で対戦した時からの彼らの評価を教えてください。

ここ最近、うちの出身チームの三浦憂も非常に良くなって自信を持ってプレーしているのを感じます。しばらく出番のなかった小幡貴一も今日は北海道が相手なので「やってやろう」という気持ちが伝わる試合だったので対戦していた非常に楽しかったと思います。その中で僕らも平均年齢でいえば上なので負けたくない気持ちでした。ですがやはりFリーグ選抜の強さはトレーニングを積み重ねて数をこなす中で、最初戦った頃より良さが出て結果が出ているので、僕らも負けずに頑張りたいなと思います。

水上玄太(エスポラーダ北海道)

ここ数試合、大量失点からの敗戦が続き、連敗もしていたので立ち上がりを集中して臨めて、内容としても相手を上回れたと思います。後半、相手がクアトロからボールを繋いで自分たちが中途半端なになったところ、相手に決定機をものにされて最終的にうちのパワープレーでも失点して逆転負けしてしまいました。

先週の試合のあと選手で集まって今、自分たちに何が足りないのかを話しまして、覚悟を決めて臨んだ試合でなんとしても勝ちたかった試合でした。ですが最後にうちの悪いところが出たというか、相手の勢いに飲まれてしまったところもありました。今日出たいいところをしっかり継続して全員で頑張りたいです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami