SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.20

【F1第19節/名古屋×仙台】王者・名古屋に善戦するも結果は逆転負け。「1-0で勝つのではなく2点目3点目を取りに行かなければいけない」(仙台 荒牧太郎)

PHOTO BY軍記ひろし

10月20日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が行われ、ヴォスクオーレ仙台は首位を快走する名古屋オーシャンズと対戦した。

試合は前半11分にエースの堀内迪弥がゴールを決めて先制。シュートを21本放つ名古屋の猛攻を前に、粘り強い守備で前半を無失点に抑え1点リードでハーフタイムを迎える。

後半も相手に主導権を握らていたが堅い守備で対応。それでも、後半28分に遂に同点弾を許してしまう。その後、32分、35分に立て続けに失点を喫し、名古屋に善戦こそしたものの終わってみれば1-3の敗戦となってしまった。

選手の取り組む姿勢は良かった

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

結果、勝ち点3を取ることはできませんでしたが、選手の取り組む姿勢は良かったと思います。いい試合でした。名古屋に勝つために守備しても完璧にやらないといけないです。自分たちは守備を上手く頑張ったと思います。よく守りましたが、ボールを持っているときは落ち着いてプレーすべきでした。先ほど話したように結果は良くありませんでしたが、選手たちの取り組む姿勢は良かったです。自分たちは成長していると感じているので継続しなければいけないです。

──今日は27分間ゴールを取らせませんでしたが、それまでのゲームプランは監督の思い通りだったのでしょうか。

そうですね。プラン二ング通りでした。守備をよく頑張りましたし、1点取ることができました。今週ずっとやってきたことができたと思います。1-1で残り6分で失点されて難しくなりました。逆転されましたがプランニングとしては良かったんじゃないかと思います。ペドロ・コスタ監督は「簡単な試合じゃなかった」と言うと思います。たぶん。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

監督の言ったことの補足じゃないですけど、40分間名古屋の攻撃をゼロに抑えるのはすごく難しいので、ディフェンスの精度を上げるよりはポゼッションの機会をもっと増やさないと、要はディフェンスの時間を短くしないと勝つのは難しいです。1-0で勝つのではなく2点目3点目を取りに行かなければいけないと思います。今シーズンの取り組む姿勢ではまだ波がある段階なので、今日の態度が当たり前になれば次のステージに進めると思うので、今シーズンはそれを継続して今日のような試合を毎試合、必ずどんな状況でも出せるようになることが僕らの課題だと思っています。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami