SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.10.20

【F1第19節/町田×立川・府中】横江300試合のメモリアルマッチも痛恨の敗戦「要所を抑えられない試合だった」(町田 岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

10月20日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が町田市立総合体育館で行われ、ペスカドーラ町田は立川・府中アスレティックFCとの東京ダービーに2-3で敗れた。

この試合で、横江怜が6人目となるFリーグ通算300試合を達成。さらに1チームでの300試合達成は史上初となった。勝利で横江の記録を祝いたい町田は、ポゼッションを握って相手陣内に攻め込んで行くが、なかなか決定機を作れない。それでも9分に室田祐希の仕掛けから、最後はアウグストが押し込んで先制した。ハーフタイムにかけては危ない場面も作られたが、リードしたまま試合を折り返す。

ところが24分に一瞬の隙から失点。同点となると、両チームともに球際で激しいバトルを繰り広げ、7分を残して5ファウルとなる。すると35分には6つ目のファウルで第2PKを献上。これを決められて逆転を許した。37分からは滝田学をGKに置いてパワープレーを行うが、1分を切ってパワープレー返しから失点。直後に滝田が一矢報いるが反撃も及ばず。町田は立川・府中とのダービーマッチを落とした。

改善の余地があるパワープレー

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

全体的には悪くない内容でしたが、要所を抑えられない試合でした。2点目を奪う機会は結構ありしたし、そこで獲れなくてカウンターを受けて失点して、第2PKで失点して、パワープレーを返されて失点して。その辺りの要所をしっかりと抑えていかないと、勝ち点を拾うことはできません。その辺りを踏まえて、また練習からしっかりと頑張っていきたいと思います。

──パワープレーでは底辺のダニエル・サカイ選手がミドルシュートを打つ形が多かったが、そこが狙いだったのか。

パワープレーではどの選手も常にシュートを狙わなければいけません。ですが、外から打って決めることが最初の優先順位ではありません。もっと崩してシュートチャンスまで持っていきたかったですが、そこを消されて練習の形が出せませんでした。その辺りはしっかり修正していきたいと思います。改善の余地があるパワープレーだったと思います。

──前半などは決定機が少ない印象だったが、総括にあった全体的に悪くなかったとは具体的に。

危ないシーンもありましたが、まずは守備な部分でそこは重点的にやっています。狙い通りの守備はできていましたし、府中という相手を考えると相手のチャンスの数は決して多くありませんでした。危ない場面はありましたが、強力な攻撃陣がいるチームです。

そういう意味では、守備でハードワークできていたと思います。攻撃に関しては特にクアトロの方が、キープしている割にシュートまで行くことは少なかったです。ただ、勝っている状態ということもあったので、そこまでリスクを犯して攻めていきませんでした。そういった点を見ると、少しシュートチャンスは少なかったように見えますが、しっかりと崩して本当に決定機というシーンも多々あったと思います。ゲームコントロールを含めて悪くなかった試合だったと思っています。

ダニエル・サカイ(ペスカドーラ町田)

試合自体は決して悪いものではありませんでした。先制点も取れて試合的に悪い印象はありません。ただ、後半に同点ゴールを奪われてしまったところよりも次の2点目を取られてしまった場面。あそこが1つ大きなポイントだったと感じています。ただ、チームが悪い状態で悪い試合をして負けたとは思っていません。修正するところはして、気持ちをリセットして。次の試合も迫ってくるので、次の試合をベストコンディションで。勝てるように取り組んでいきたいと思おます。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami