SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.04

【F1第20節名古屋×立川・府中】名古屋に2度追いつくが結果は3-5で敗戦。「勝つチャンスを作れたなかで負けてしまったことは非常に悔しい」(立川・府中 皆本晃)

PHOTO BY軍記ひろし

11月4日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第19節が行われ、立川・府中アスレティックFCはアウェイで首位の名古屋オーシャンズと対戦した。

試合は前半12分、岡山洋介のゴール付近のハンドでPKを与えてしまうが守護神クロモトのファインセーブで難を逃れる。だが14分に遂に先制を許してしまう。しかしキックオフから直後のプレーで完山徹一がゴールを決めてすぐさま追いつく。逆転を狙う立川・府中だったが19分に失点してしまい1点ビハインドで試合を折り返した。

だが後半開始早々に左コーナーから渡邉知晃がゴールを決めて試合を振り出しに戻す。その後、名古屋に主導権を握って戦う時間もあったが35分に追加点を与えてしまうと直後の36分にも失点を喫してしまう。その後もさらに失点を重ねてスコアは2-5に。パワープレーで猛攻を仕掛け1点取り返すが試合は3-5での敗戦となってしまった。

相手の背後のスペースを攻撃で突いていくプランだった

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

今回、アウェイで首位を相手に難しいゲームになるけれども、順位がどうこうとか相手の力差がどうこうとか関係なく勝てる準備をしてきました。内容としても勝つチャンスはあったんじゃないかと思った中で、勝ち切れず悔しい思いがあります。そこは相手の攻撃の質が上回るか自分たちの質が上回るかというところで、2-2になる場面まではよかったんですけど3点目が相手に転ぶかうちに転ぶかでうちに転ぶチャンスがあったにもかかわらずそこを決め切れなかったところが最後の勝てなかった要素かなと思います。

相手はそんなに多くはなかったチャンスを決めてきたところが素晴らしかったと思います。ただ、相手をいつまでも褒め称えていても仕方ないので追いつけるように残りの試合、しっかりとやって3戦目で勝てるように頑張りたいと思います。

──主導権を握れる時間帯もあったが名古屋のウィークポイントとその中で上手くいった点はあったか。

やはり名古屋は相手コートで攻め続けて攻撃だけでなく守備でもなるべく前からプレスをかけてボールを相手陣に留まらせるというのが彼らのスタイルだと思っています。なのでこちら側はシンプルに相手コートにボールを運ぶための手数を掛けない戦法で相手にピンチをたくさん与え続ける攻撃を仕掛けていくことが相手のリズムを狂わせれるのではないかと。

前半についてはそれがあまりできなかった部分が多かったのでハーフタイムにそこを改善できたのかなと。なので後半についてはそれが良かった部分が後半の最初の頭だと思います。それでセットプレーから点を取ることができたのでそういうところのチャンスで掴んでいかなければいけないと思います。シンプルに言うとカウンターのときも含めて相手の背後のスペースを攻撃で突いていくプランだったとということです。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

非常に悔しい結果だと思います。勝つためにしっかり準備してゲームプランどおりに試合を進めて勝つチャンスを作れたなかで最終的に負けてしまったことは非常に悔しいです。相手からしたら地力があったということだと思いますし自分たちにはまだまだ足りなかったというところだと思います。

リーグ戦はまだまだ続きますしあと1回名古屋と戦えますしその後(プレーオフに勝ち進めば)ファイナルでまた戦えるチャンスがあるのでそこまでたどり着けるようにしたいです。差は縮まっているとは思いますが縮めただけではなんの意味もないので、しっかり勝てるチームになれるように今日の負けというのは非常に痛い負けだと思うので次からまた勝ち点とれるように頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami