SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.18

【F1第22節/名古屋×大阪】3点差から1点差に詰め寄ったが名古屋とのクラシコに敗戦……。「悪い試合ではなかった」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月18日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第22節が行われ、2位のシュライカー大阪は首位の名古屋オーシャンズと対戦した。

この日は小曽戸允哉のFリーグ通算300試合目でもあり、首位の名古屋に勝って勝ち点を詰めたかっただけに気合の入る試合だった。しかし前半8分に相手GKのドリブルからシュートを許してしまい先制点を献上してしまう。直後の10分に追加点を許してしまい2点ビハインドに。11分には相手ゴール付近でFKを獲得し、追いつくチャンスだったがこれは壁に当たりゴールとはならず、無得点のままゲームを折り返す。

迎えた後半戦は27分にさらに追加点を与えてしまい苦しい展開に。しかし30分に縦パスから田村勇貴が相手GKの股を抜いてゴール。得点を2点差に詰める。その後もパワープレーで名古屋ゴールに迫るがゴールが決まらず。残り0.1秒まで諦めずゴールを狙ったが試合は2-3で終了した。

名古屋を追いかける立場として勝たなければいけない試合だった

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

正直、もったいない試合でした。悪い試合ではなかったですけど、少しボーッとしていたらやられたゲームでした。やられてしまってもいいプレーを続けることができたので2点取れたと思っています。なので失点だけは修正していかなければいけないです。ですがまだプレーオフ圏には入っているので引き続き頑張っていきたいです。

──チアゴ選手がスターティングにも入ってなく出場時間が短かった理由は。

チアゴはひざを痛めてしまって練習も休みながらでした。今日は無理させたくなかったので休みながら上手く使えるようにするため、スタメンを外しました。

──加藤未渚実選手が早い段階でGKのユニフォームを着てパワープレーでスタンバイしていたが残り6分まで待った理由は。

3点取られたら早めに出さなければいけないと思っていましたがいい展開だったので様子を見ながら4対4のままで行こうと思いました。ディフェンスも良かったですしチャンスも作れていたので。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

名古屋を追いかける立場として勝たなければいけない試合でした。これで勝ち点差が離れて残り第3クールとなり、勝ち点差が離れてしまったことはかなり厳しいですが切り替えて来週の2連戦に向けてしっかり準備していきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami