SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/F選抜×北海道】3戦目での完勝に自信「相手の好むプレーはさせなかった」(F選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催名古屋ラウンドの初戦が行われた。

武田テバオーシャンアリーナで行われたFリーグ選抜vsエスポラーダ北海道の試合は前半3分に小幡貴一が古巣を相手に先制ゴールを決める。その後9分には右サイドのコーナーキックから新井裕生が、18分に齋藤日向が相手GKを交わして前半だけで3ゴールを決めた。

後半は相手に攻め込まれることも多かったが、28分に笠井大輝がボールを押し込んで4-0とする。残り7分を切ったところで北海道のパワープレーから1失点するが、パワープレー返し決めて5-1で快勝を収めた。

最低限やるべきことはやれた

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

北海道とは期間が短い中での2戦目でした。前回の反省、課題になっていた部分があったのでそこを修正しながらゲームに臨めたことが良かったです。苦しい時間もありました。後半はファウルも累積していましたが、そこも粘り強く、攻撃でリズムはつかめませんでしたが、最低限みんなでやることはやって、ベンチを含めて切らさずにやり切れたことがよかったと思います。

──北海道を相手に2節は完敗で、19節は接戦でした。3試合目で完勝できたことは自信になるか?

前回の対戦から進歩しないと(僕が)仕事ができていないということになるので(苦笑)。そういう面に関していえば、今回は期間が短い中で修正して、相手が同じようにやってくるかわかりませんが、ただ、相手が好むプレーはさせていません。そこに対してはすごく良かったなと。前回の対戦で、自分たちが危険なシーンを相手に与えてしまった部分は、抑えることができました。そこは良かったです。

──前回、2巡目以降の対戦が不安だという話があったが、実際に3巡目を迎えるに当たって印象は?

個人的には2巡目も苦しかったです。相手が自分たちのプレーさせないようにプレーするチームもあれば、相手のやりたいことを押し付けてくるチームもある。その中で自分たちの組み合わせでやりやすさ、やりにくさはあります。その中で2巡目はどうだろうと不安でした。3巡目は3巡目で、キャプテンの言葉にあったように自分のプレーを出して欲しいですが、出しすぎるとバラバラになってしまいます。そういう面をどうコントロールするか。チームとしては相手の出方もわかってきたので、その中でできるだけ戦略面をもう少し出していきたいです。そういう部分でアプローチをかけて、僕も選手も成長につながるといいかなと思います。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

終始、自分たちがゲームを作る展開から、後半のファールが重なった後、相手が勢いを増してきたときに自分たちの技術が発揮できなかったという印象があります。どんな試合展開でも常に自分たちの良さが出せるようにしていきたいと思います。

──Fリーグ選抜メンバーは、リーグ戦で試合に出続けるのことは今季が初めて。3巡目を戦うために必要なことは?

リーグになれることが1巡目がありました。2巡目は自分たちの手の内を明かした中で、相手に対策されて苦しい試合が多かったです。3巡目は、それらを経験した上でチームよりももっと個人に焦点を当てて、自分がどんなプレーを残りの試合でできるのか。監督からもそういう話がありましたが、個人的にもそこを大事にしています。残りの10試合は選手のエゴがもっと見えてくると思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami