SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/名古屋×仙台】王者の視線はすでに次戦へ「星龍太のメンバー外は…」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催名古屋ラウンドが行われた。

武田テバオーシャンアリーナで行われた名古屋オーシャンズvsヴォスクオーレ仙台の試合は名古屋のヴァルチーニョが11分10秒にゴールを決めて先制する。その40秒後にもペピータが追加点を挙げる。すると試合時間が12分を経過したところで仙台がパワープレーを始めるが粘り強い守備とGK関口のセービングで前半を無失点で終える。

2点リードで迎えた後半、23分にヴァルチーニョが個人技からゴールを決めて3点差とする。その後、勢いに乗る名古屋は平田ネトアントニオマサノリが追加点を挙げると仙台が再びパワープレを開始。だがヴァルチーニョがパワープレー返しを決めて5-0で勝負あり。

また、このゴールでハットトリックを達成したヴァルチーニョはシュライカー大阪のアルトゥールを抜いて23ゴールで今シーズンの得点ランキング単独トップへ浮上した。

ゼロで抑えたことを自信に

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

選手がシビアに集中してモチベーション高く臨んでくれました。戦術、戦略的にも良かった試合でした。ゲームの中で仙台はいろんな戦略を立て、パワープレーでボールをキープする時間帯を作りリズムを作りました。崩そうとする場面もありましたが、冷静に対応できました。そこから話し合って、2-0のままで最後に失点してしまうことも考えて、よりアグレッシブにプレーした中で点を取ることができ、アドバンテージの状況を作れました。相手のゲームのリズムを崩すことができました。攻撃でも安定していましたしチャンスも作れて、決定機は結構あったのでもっとしっかりと決められた場面もありましたが、守備もゼロで抑えることができ、自信にもつながった試合です。

──星龍太選手がメンバー外だったのは明日の試合を見越してなのか?

何も隠すことはないです。星選手は今、イエローカードが3枚溜まっていて4枚目で出場停止になってしまいます。もちろん仙台の選手もリスペクトしています。しかし、この2連戦を見たときに星龍太の大きな役割であるピヴォを止めること、それができる選手です。その中で、より止めないといけないピヴォがいるのは(立川・)府中です。この1試合目でメンバーに入れることで、意図がなくてもイエローをもらうこともあります。そこを見越して、明日の試合に備える。明日の試合も星龍太をメンバーに考えていますが、非常に一人ひとりのパフォーマンスが良くて監督として外す選手が悩ましいのでうれしくもあり悩みでもあります。

酒井ラファエル良男(名古屋オーシャンズ)

1週間練習して相手を研究した戦い方をしっかりとイメージして試合には入れました。ハーフコートでくることも分析できていて、それに対して私たちも前からプレスして相手のボールを奪うことができました。先制点を取り、ゲームの主導権を握ることに関してもリズムを作ることができた。その後、スコアでアドバンテージが生まれてから、パワープレーや普通のゲームに戻るときも、冷静に対応できて良かったです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami