SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.23

【F1第23節/大阪×大分】4点差をつけて勝利を確信したが……。「気持ちを緩めってしまったせいで悔しい試合でした」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月23日(金・祝)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第23節、6クラブ共同開催が行われ、シュライカー大阪は武田テバオーシャンアリーナでバサジィ大分と対戦した。

この試合で先制したのは大阪だった。4分、相井忍がゴール近くで相手を引き付け、前方へ流したボールを左後方から駆け上がってきた田村勇貴がゴールニアサイドに決める。その後も果敢に追加点を狙ったが7分に自陣ゴール前のこぼれ球を詰められてしまい同点に追いつかれてしまい1-1で前半を終了する。

同点で迎えた後半戦は28分に相井忍がゴールを決め、29分には見事なワンツーからアルトゥールがゴールを決めて大阪が2点リードする。

その後、芝野創太が35分と36分にゴールを決めてダメ押しをしたかと思われた。しかし残り2分で相手がパワープレーを仕掛けると立て続けに失点し、4点差だったスコアが5-5の同点にされてしまう。大量リードしていた試合から一転、相手の勢いに飲まれてしまいまさかの引き分けで終わってしまった。

5-1から残り2分で5-5に……。

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

僕らも相手も堅い守備でチャンスは少なかったです。後半からいいリズムで攻撃していましたが最後、気持ちを緩めってしまったせいで悔しい試合でした。もったいない試合でした。

──残り2分で4失点してしまいなにが起きたと考えていますか。

パワープレーでちゃんとトランジション(切り替え)できていないところをやられました。正直、説明するのは難しですけど5点を取ったときに気が緩んでしまって集中力が切れてしまったんだと思います。これが(集中切れてしまったら)やられてしまうという経験になればいいです。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

監督と同じように5-1から追いつかれてしまい非常に悔しくて切り替えるのは難しいですけど、明日また試合があるので今日の分を取り返せるように明日、浜松との試合を頑張りたいです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami