SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.24

【F1第24節/F選抜×大分】前日とは真逆にリズム掴めず大敗…「普段やれていることが出せなかった」(F選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月24日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第24節、6クラブ共同開催名古屋ラウンドが行われ、Fリーグ選抜は武田テバオーシャンアリーナでバサジィ大分と対戦した。

前日、快勝した勢いのまま試合に入りたいFリーグ選抜だったが相手に主導権を握られる展開が続き、前半7分、コーナーキックから先制点を許してしまう。その後も失点を重ねてしまい前半のうちに3点差とされた。それでも、15分に伊藤圭汰が獲得した第2PKを三笠貴史が決めて2点差で前半戦を終える。

後半もなかなか戦況を打開できないままでいると24分と29分に失点し、さらに点差を広げられてしまう。この差を埋めるべく、34分にパワープレーを始める。すると瀧澤太将と新井裕生がそれぞれゴールを決めるがパワープレー返しで2失点してしまい試合は3-7と大敗で敗れてしまった。

前日とは真逆の苦しい展開に

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って

今日は昨日とは全くの逆で、自分たちのリズムが取れずに前半が過ぎるという非常に苦しいゲーム展開でした。ただ、少しずつ自分たちの良さが出せる部分は出てきました。しかし終始、得点差がある中だったので相手のリズムで進行していた試合でした。自分たちのやろうとしているところ、普段やれているところが出せず、それがリズムが掴めない原因だったのかなと思います。

──セットのメンバーを固定していなかったようだが、その意図は?

笠井が累積による出場停止で3セットを組むことができていません。だからと言って笠井がいないセットが出られないのはおかしな話なので、考えながら誰を入れるかの部分をやっていました。全員が悪い状態ではないので、それが出して行こうという理由です。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

──試合を振り返って

自分たちの細かいミスから失点したり、インプレー中でもいつもないようなパスミス、トラップミスなどがすごく多くて、そこからプレーの質が下がってしまい、それが得点差につながったと感じています。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami