SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.24

【F1第24節/すみだ×仙台】3点差からの逆転勝利!「みんなのスイッチが入って試合の流れが変わった」(仙台 ラファエル・トレスコーチ)

PHOTO BY軍記ひろし

11月24日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第24節、6クラブ共同開催の2日目が行われヴォスクオーレ仙台は武田テバオーシャンアリーナでとフウガドールすみだ対戦した。

名古屋での2連戦目となった今日の試合は相手に押し込まれる展開が続き、前半3分に先制ゴールを献上してしまう。そして11分にも2失点目を喫してしまい苦しい展開に。仙台も負けじとカウンター等で攻め込むがゴールは生まれず2点ビハインドで試合を折り返す。

後半、巻き返したい仙台だったがオウンゴールで3点差に。しかし苦しい展開になり29分にパワープレーを始めるとその直後のプレーで関尚登がゴールを決めて1-3とする。32分にはアランギタヒが決めて2点目を決めると34分にはオウンゴールで3点目が決まり同点に。

そして35分にはカウンターからマルロンがヒールで決めて0-3のスコアから一気に逆転する。その後、逆に相手がパワープレーで猛攻を仕掛けるがこれをなんとか抑えて4-3で見事、逆転勝利した。

3点差から逆転して勝った経験はほとんどない

ラファエル・トレスコーチ(ヴォスクオーレ仙台)

今日の試合が終わった後、(興奮して)監督は立ち眩みで体調不良になってしまったので代わりに僕が話をさせて頂きます。今日は前半、自分たちのミスで失点されてみんな下を向いて切り替えることができませんでした。ですが監督が「戦術以外の決め切るところの取り組む姿勢が足りないのでは」という話してからみんなのスイッチが入って試合の流れが変わり後半から流れを変えることができました。

──パワープレーで3点決めてなぜ逆転できたのか。

今シーズン始まって、パワープレーが上手くできていなかったのでそこから修正を重ねました。そこから守備、攻撃を毎回練習して、修正することができて今日も上手くゴールを決めることができました。最後、守備でもよく守れたので練習の積み重ねが逆転できた理由だと思います。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

この試合に懸けていたのにも関わらず前半は思い描いていた試合運びにはなりませんでした。やはりこうした試合で結果を出せないのは自分たちの力のなさをすごく感じました。僕のオウンゴールで0-3になって逆に開き直れて良くなり結果的に勝ち点3を獲ることができました。

これをどれだけ継続するかというかは僕らが試されていることだと思いますし、3点差から逆転して勝った経験はほとんどないと思うので、それを達成して「次はなぜできないんだ」と問いかけて残りの試合でも成長していけたら名と感じました。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami