SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.11.24

【F1第24節/名古屋×立川・府中】もう少しで名古屋から勝ち点3を奪えそうだったが……。「勝ち点1をポジティブに受け止める」(立川・府中 谷本俊介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

11月24日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第24節、6クラブ共同開催の2日目が行われ立川・府中アスレティックFCは武田テバオーシャンアリーナで名古屋オーシャンズと対戦した。

プレーオフ争いのためにも負けられない今日のゲームは開始7分に先制点を献上してしまうが9分にコーナーキックからオウンゴールを誘発して同点で前半戦を終える。

そして後半開始早々、マルキーニョのゴールで立川・府中が逆転する。しかし名古屋は23分にすぐさまゴールを決めて2-2に。ゲームは再びふりだしへ戻されたが26分に上村充哉が勝ち越し点を決めて3-2に。その後、名古屋は積極果敢にゴールへと迫るがGKクロモトのファインセーブも連発し、1点リードを維持する。すると残り3分で名古屋はパワープレーを開始。なんとか耐え凌いでいたが残り1分7秒でゴールを許してしまい遂に同点に。谷本監督は残り6秒でタイムアウトを取りパワープレーに最後のチャンスに出たが試合は3-3のまま終了した。

唯一良かったことは上村や酒井がこの強度に慣れてきたこと

谷本俊介監督(立川・府中アスレティックFC)

自分たちがプレーオフに行くためにどんな相手でも勝ち点3を積まなければいけないところと、第3クールに来て現実的にプレーオフを意識すると絶好の相手でした。名古屋とのゲームに関しては自分たちに最高のモチベーションを与えてくれる相手でした。

その相手に対してリーグ戦で2回対戦しましたが一度も勝てていないのが現状でした。第1クールから第2クールでの対戦で、徐々に自分たちの勝てる感触はありましたが今日、残り数分で勝利まで近づけたことは選手たちを褒めたいですし、まだまだ努力不足と感じることもあります。複雑な心境ではありますけどこの勝ち点1は名古屋さん相手では簡単に取れるものではないのでポジティブに受け止めて必ずプレーオフでこのチームにしっかりとリベンジができるようにしたいです。

皆本晃(立川・府中アスレティックFC)

唯一良かったことと言えば上村(充哉)だったり酒井(遼太郎)がこのゲームの強度に慣れてきたことぐらいです。あとは勝たないと意味がないので感想はないです。以上です。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami