SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.02

【F1第25節/名古屋×F選抜】F選抜との3度目の対戦を完勝で収める!「苦しい時間帯もあったが先制して私たちのペースを作れた」(名古屋 ペドロ・コスタ監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月2日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第25節、名古屋オーシャンズはFリーグ選抜と対戦した。

試合序盤では相手に押し込まれる場面もあったが、前半15分に相手GKの後ろから回り込み、ボールを受けたヴァルチーニョがゴールを決めて名古屋が先制する。そして直後にもカウンターからヴァルチーニョがもう1得点決めて2点差に。点差を縮めたいFリーグ選抜は前半残り1分でパワープレーを開始するがパワープレー返しでさらに点差を広げ3点リードで試合を折り返す。

後半、引いて守りを固めながらチャンスを伺っていると残り5分を切ったところで相手は再度パワープレーを始める。しかしそれを36分にペピータが、38分に平田ネトアントニオマサノリがパワープレー返しを決めて5点差に。さらに残り15秒でカウンターから橋本優也がペナルティエリアの外の角度のないところからゴールを決め、6-0と完勝を収めた。

勢いに乗せないため、ハイプレスをかけた

ペドロ・コスタ監督(名古屋オーシャンズ)

まず、勝ち点3を取れた喜びがありますし、無失点も抑えることができたのも大きいです。選手はこの試合に向けてきた準備、戦略、戦術をしっかり位置付けてくれました。7分ぐらい、自分たちが下回った時間がありましたがその後は良いペースが作れたゲームだったと思います。下回った時間帯も我慢強くプレーして失点がなくプレーできたのは良かったと思いますし私たちのペースを作ることができました。

今日はゴールが入るタイミングも良く、相手が別の戦略を立てて攻撃する中、うちはしっかりと止めて私たちのチャンスを生かしてゲームを上手く運べたのかなと。なので試合の運び方は非常に良かったと感じます。私たちは前半の立ち上がりから強いイメージを見せるためにもアグレッシブにハイプレスをかけました。目標の先制点はなかなか生まれませんでしたが、1点目が入ってからはチームも落ち着いて私たちのペースが作れたと思いますし、非常に良いゲームだったと思います。

──Fリーグ選抜に所属する名古屋出身選手の成長ぶりは?

彼らはとてつもない経験を積んで成長しています。練習だけでなら吸収できない、経験できないものがあり、例えばその選手たちがトップチームに上がって試合に出られない時間が増えてしまうと、彼らは今日のようなプレーは出せていないかもしれないです。練習の中で修正ができて今度はトップリーグという本番でプレーができることは彼らにとって貴重な時間です。

フィジカルや戦術でというよりもメンタルの部分で彼らは強くなっていると感じます。練習ではできないようないろんなクラブや選手と対戦し、あらゆる状況で新たな刺激を彼らは毎週経験できているので彼らにとってのとてつもない成長に繋がっていると思います。

酒井ラファエル良男(名古屋オーシャンズ)

このゲームに立てた戦略は上手くピッチで表現できたと思います。点を取りにいく中で、しっかりと点を取れたのは大きくゲームを大きく左右したと思います。私たちのアグレッシブさを見せるためディフェンスで前からハイプレスをかけました。

彼らは若く勢いがあるので先制点を取られてしまったり、相手のペースに飲まれてしまうと以前のように惑わされた経験もありますので、そのためにまずアグレッシブに先制点を取ることを心掛けた中、ゲーム運びは上手く成功しました。後半では前半で作り上げた前半をコントロールする後半でした。最後の時間帯ではさらに得点を重ねることができ上手くいったゲームだと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami