SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.08

【F1第26節/立川・府中×大阪】立川・府中を相手に3戦3敗も「苦手意識もなければ悪い試合もしていない」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月8日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第26節、立川・府中アスレティックFCvsシュライカー大阪がアリーナ立川立飛で行われ、1-2で大阪が敗れている。

2位の大阪と3位の立川・府中による上位対決は、開始19秒に右サイドを縦に仕掛けた加藤未渚実のゴールで大阪が先制する。その後もゴールに迫る大阪だったが、追加点が奪えないまま時間が経過。迎えた13分に同点ゴールを許して前半を終えた。

後半はアウェイの大阪が主導権を握る展開となるが、徐々に立川・府中も応戦。お互いにチャンスを作りながら決め切れず、試合は終盤へと突入。すると残り39秒にショートカウンターから大阪が失点。直後に稲田瑞穂をGKに置くパワープレーに出たが、追いつくことはできずに試合は終了。大阪は今季の立川・府中戦を3戦3敗で終えた。

引き分けが妥当なゲーム

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

立ち上がりはすごくリズムを捉えて捕まえにくかったです。しかし途中から相手の攻撃に対してディフェンスがハマりました。また1点を先に取ったのは大きかったです。後半はフィフティ・フィフティだったと思います。こちらもチャンスがありました。

プレーオフを争っているチームとの対戦で、勝ち点6の価値がある試合だったと思います。これは勝負の世界で、勝ち負けはあるものです。最後のプレーは、ボールを取られて失点となり残念でしたが、順位を考えるとまだ2位です。前を向いて次に勝ち点3取れるように頑張ります。

──立川・府中との対戦はこれで3戦3敗だが相性の悪さがあるか

苦手意識はないですし、悪い試合はしていないです。全く良いプレーをしていないわけでもないです。1試合目も2試合目も良い試合でしたし、シュートの数も多かったです。今日の試合はフィフティ・フィフティで引き分けのゲームだったと思っています。特別に相性が悪いとは思っていないです。

──重いゲームだったが、それは戦前の予想通りか。

ディフェンスが良いチームですし、お互いに負けられない試合です。プレーオフを争っていますし、堅い守備はお互いにあって、そういう試合になりました。勝負の世界ですし、これをやっていかないといけないですが、次はもっと踏み切れるようにしたいと思います。

──順位と勝ち点差を考えても引き分けでも良いと判断したか。

正直に、(引き分けでも)悪くない。むしろ立川・府中がパワープレーをしてくると思っていました。ただ、彼らもプレーオフゾーンにいて(4位の)町田とは(勝ち点が)離れているので、0ポイントより1ポイントが良いです。だからパワープレーをしてこない。それは両方の良さがあると思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami