SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.14

【F1第5節/府中×すみだ】3連敗中に得点はわずか“2”も手応え掴む「あと一歩のところまできている」(すみだ・須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月14日(土)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第5節、フウガドールすみだはアウェイで立川・府中アスレティックFCと対戦し、0-1で敗れた。

お互いにチャンスを作りながらも決めきれない中、すみだは38分に絶好のチャンスを迎える。立川・府中が6つ目のファウルを犯して第2PKを与えられた。しかし大薗諒のシュートはGKクロモトに止められると、その後、立川・府中のパワープレーに屈して失点。残り35秒からすみだもパワープレーを開始したが、しかし最後までゴールが遠く3連敗となった。

今日は単純に府中が一枚上手だった

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

2連敗中ということもありましたが、選手たちもしっかりとトレーニングから切り替えて臨んだ一戦だったので、連敗中の影響というよりも、今日は単純に府中が一枚上手だったのかなという印象です。ただ、負けが続くと普段できていることができなくなってしまうということもあるので、そこに陥らないように。良いところは続けて、悪いところを改善していく。そういう現実にしっかりと目を向けることが大事になると思います。

──この3連敗中に得点は2点。明確に勝てていない要因がそこにあるように感じるが。
今シーズンは相手コートでよりプレーする時間を増やすということがテーマで、選手たちは想像以上に対応してくれています。ほとんどの試合で相手のコートにボールが運べて、試合になっているなという印象です。逆に、そこで相手が自陣の深い位置で守備の列を作ってプレーされているところからいうと、もう一個、相手に傷をつけるような攻撃ができていないなと。もともと得点力が爆発的にあるチームではないですが、先制点を取ることでゲームがオープンになり、自分たちが得意とするトラジション攻撃など主導権を握っていけると思います。ある程度押し込んだ状態からゴールを生めるかどうかが1つのポイントです。ただ、しっかり構築できているから相手のコートに入れていると思います。そこの部分で選手たちが課題に感じているのは明確なフィニッシュワークのところ。そこまで(の段階に)きていることは、とてもポジティブです。フィニッシュワークで、最後のパスの角度、ピヴォならスイッチ時のカットインの角度。そういう1つ1つのディテールのこだわれるかこだわれないか。そこの部分を個人でなんとかしてくださいではなく、2人や3人。そこにこだわれる良いチャンスだと思いますし、逆に言えばあと一歩なのかなと。下を向かずにやっていきたいと思います。

──次節はホームの墨田区総合体育館で6クラブ共同開催が行われるが意気込みを。
ホームゲームに関しては通常の1試合より勝ち点以上の重みがある試合だと思っています。連敗がどうこうというよりも、笑顔でお客さんに帰ってもらいたいと思っています。僕らは勝つことがお客さんを喜ばせる唯一のポイントだと思っているので、泥臭くても良いので初戦でまずはしっかり勝ち点3を取りたいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

ピヴォを中心に良い攻撃もできていましたし、良い集中力でゲームを運べていましたが、なかなか結果がついてこなくて歯がゆいです。チーム、選手はみんな信じてやるしかないので、継続してやっていければと思います。

──次節はホームの墨田区総合体育館で6クラブ共同開催が行われるが意気込みを。
対戦相手は1日目はFリーグ選抜で2日目は名古屋オーシャンズです。Fリーグ選抜は昨日の試合でペスカドーラ町田に3-0で完勝していますし、2日目は王者です。厳しい試合が続くと思いますが、結果を意識してホームの皆さんと一緒に喜べるように精一杯頑張りたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami