SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SALペディア
2019.08.15

【AFCクラブ選手権/準決勝 タイ・ソンナムFC戦後コメント】星龍太「去年、負けたことが経験になった」

PHOTO BY軍記ひろし

8月15日(木)、名古屋オーシャンズはAFCクラブ選手権タイ2019の準決勝でベトナムのタイ・ソンナムFCと対戦し、3-1で勝利。

試合終了後、オーシャンズを率いる星龍太に試合を振り返ってもらいました。

安藤良平選手ペピータ選手のコメントは「INSIDE OCEANS」に掲載中!

昨日はスタンドで見ていてハラハラした

──試合を振り返って。

昨年、負けたチームでしたけど昨年ももう少しやれることをやれなかった、相手の弱点を突けなかったことが負けにつながってしまった。今回の対戦では後半は展開的に良くありませんでしたが相手の嫌なところを突けたときに点を取れたので昨年と比べたらみんなが成長できた。一度戦った相手なので相手の守備の仕方を把握できたり、嫌なところを突くことができたことは負けたことが経験になっているのかなと思います。

──前半の早い段階でイエローカードが提示されましたがその後も強く身体を当てにいっていました。もう一枚カードをもらう恐怖心はありましたか?

もちろんありました。ですが今回のクラブ選手権でのカードの出方は決定機阻止が多い。僕のは当たっていないのですが、肘が当たったと判断されて悪質なファウルとしてイエローカードになりました。そういうところワンツーで裏へ抜けるところを手で押して引っ張ってというのは無しにして自分なりには、抑えていたつもりですけど味方のみんなに後半のプレーでは正直退場になると思ったって言われました……(苦笑)。みんなからそう見えていたのでそこは反省すべき点だなと。

──昨日はスタンドから試合を見届ける形となりましたが見ていていかがでしたか?

うまくいっていない感じがしていて、見ている方がハラハラしました。みんなそうだと思うんですけど、自分がプレーしている方がハラハラしない。自分でどうにかできてしまうので。危ないシーンはクリアとか、自分が中にいればできることなのでスタンドから見ていると怖いですね。もちろん、信頼していて全然大丈夫だとは思っているんですけどやはり心境としては(櫻井嘉人)社長だったり応援しているサポーターの気持ちってこうなんだなと感じました(笑)。

──ポジティブに捉えれば1日空いたことでコンディションも良くなったのでは?

オーシャンカップだったり、僕はこういう短い大会で退場してしまったことがあります。そういうときは休めるには休めるのですがちゃんと前日に心配を上げていかないと体が動かなくなる。それは経験として持っていたので昨日、心拍数を上げたことが今日うまくいけた要因なのかなと。それでもやはり少し重かった感じはします。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami