SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.02.17

今季の地域CLが終了。名古屋オーシャンズサテライトが4連覇を達成!

PHOTO BY

SuperSports XEBIO 第20回F地域チャンピオンズリーグが2月14日(金)から16日(日)にかけて愛知県と岐阜県で行われ、名古屋オーシャンズサテライトが優勝した。

準決勝は東京都勢vs愛知県勢に

計16の各地域の代表クラブが金曜日と土曜日の2日間で4グループに分かれ、それぞれ1次ラウンドを戦った。その結果、16日の準決勝へペスカドーラ町田アスピランチ、ロボガトフットサルクラブとゾット早稲田FC、名古屋オーシャンズサテライトが勝ち上がった。

準決勝の2試合とも東京都勢vs愛知県勢の構図になり、接戦を制したのは町田アスピランチと名古屋サテライト。

Fリーグの育成組織同士の対決となり、決勝は名古屋サテライトが14分にイワハシナオキのゴールで先制。前半16分から一時、町田アスピランチがパワープレーを仕掛けるが名古屋サテライトの野村悠翔がパワープレー返しを決めて2-0。

18分にパワープレーを続けた町田アスピランチが1点を返して2-1で後半へ。後半は23分にエッジ・カルロスのゴールで名古屋サテライトが突き放し、再びパワープレーに出た町田アスピランチの猛攻を残り52秒の1失点に抑えて3-2で名古屋サテライトが勝利を収めた。

優勝した名古屋サテライトは2017年のタイトルから数えてこれで大会4連覇を達成。2007年に大洋薬品/BANFF(現・名古屋オーシャンズ)が獲得したタイトルと合わせると2010年から2014年に優勝したフウガすみだ(現・フウガドールすみだ)の5回に並んで最多タイの獲得となった。

大会の結果は以下のとおり

優勝:名古屋オーシャンズサテライト
準優勝:ペスカドーラ町田アスピランチ
3位:ロボガトフットサルクラブ/ゾット早稲田FC

MVP:矢内大介(名古屋オーシャンズサテライト)
得点王:野村悠翔(10得点/名古屋オーシャンズサテライト)

▼ 関連記事 ▼

Bitnami