SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.21

【F1第6節/立川・府中×大分】古巣との対戦にも「立川というチームに愛着はない」(大分・伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの初日第1戦ではバサジィ大分が立川・府中アスレティックFCと対戦し、乱打戦の末に4-5で敗戦を喫した。

立ち上がりはハイプレスから相手陣内で試合を運ぶ場面が多かった大分だが、前半に2失点を喫して試合を折り返す。さらに後半も立ち上がりから連続して2ゴールを許す苦しい展開に。それでも28分、29分と田村龍太郎のシュートが相手のオウンゴールを誘い2点差に。

34分にはヴィトンのゴールも決まると、直後にはカウンターから失点するが、35分に再びヴィトンのゴールでスコアは4-5。試合終盤にはGKマルセロを下げてGK岩永汰紀を送り出し、フィールドはヴィトンとレイチを同時に起用。39分からはGKに白方秀和を起用したパワープレーに入る。しかしあと一点が遠く今季初の連勝とはならなかった。

0-4で頑張っても仕方ない

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

両チームひどかったかなと思っています。

──酷かったとは具体的に。
攻守において酷かったですね。うちもそうですが相手もそうかなという印象です。うちは若い選手を何人か使いながら彼らに波があったり、ブラジル人との連係がうまくいかなかったりとか、そういうところがまだまだあります。そこをどう深めていくかが大事になります。プレーオフではなく、F1に残留することが目標なので、そこに向かってしっかりと勝ち点を重ねていきたいなと思います。

──伊藤監督にとっても古巣となる立川・府中との対戦だったが。
僕は府中のチームにはいましたが、立川のチームにいた記憶は全然ありません。正直に全然違うチームかなという印象を持っています。このアリーナに愛着もありませんし、立川っていうチームにも愛着はないです。そういう意味では全然違うチームですし、僕の今の家はバサジィ。古巣だからとか、古巣という感情はなかったです。

──0-4になってから勢いが出てきた印象だが、行かなければいけない状況だったからか。
前半から行きたかったですが、0-4になって起きたのかなと。スコア的に裏を取られても仕方ないと思っていました。それが逆にうまくハマったかもしれません。ただ、0-4で頑張っても仕方ないのでもう少し早く(良いプレーをしなければいけない)。前半の立ち上がりにうちがスコアを動かしていたら、違った展開に持っていけたと思います。

上福元俊哉(バサジィ大分)

最初のミスをしたのが自分なので、そういうミスをしているとチームは勝てないので責任はすごく感じています。

──昨シーズンまでプレーした立川・府中との一戦だったが
意識しないことは嘘になります。意識はあったとおもいますが、ただ、今は大分の一員なので、勝利のためにやらなければいけないところでミスしてしまったので責任を感じています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami