SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.21

【F1第6節/北海道×湘南】狙い通りの展開にニンマリ「3連敗した湘南から勝ち点1は大きい」(北海道・小野寺隆彦監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、墨田ラウンドの初日第1戦ではエスポラーダ北海道が湘南ベルマーレと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

11分に高山剛寛のゴールで先制した北海道だったが、14分に同点とされて試合を折り返す。後半は先に失点を喫するが、34分に高山がこの日2点目となるゴールをマーク。しかしその後スコアは動かずに勝ち点1を分け合う結果に終わった。

自分たちが読んでいた展開になった

小野寺隆彦監督(エスポラーダ北海道)

まず、前節アウェイで大分に敗れて、絶対に連敗しないで戦い抜こうと選手たちと誓い合ったゲームでした。その中で湘南は小門選手やロドリゴ選手など特徴のある選手がいて、かなりパワフルなので、そこをどう抑えるのか。後半の始まりなど見ておわかりかと思いますが、鈴木裕太郎をロドリゴ選手にぶつけたり、ピヴォに対してフィクソが守れる選手を置いたり、相手に合わせたセットの組み方をしっかりして、ロースコアで最後まで進めばチャンスが出てくると予想していた中で、ある程度、自分たちが読んでいた展開になったと思っています。効果的に最初のセットプレーでゴールができたことで、私たちのような若いチームには1点ごとに自信がついていくと思うので、良くできたゲームだったかなと思います。残り10数秒のところのカウンターが決まれば、勝つことができたかもしれません。まだまだ課題は多いですが、北海道らしくみんなで力を合わせて、昨年度3連敗した湘南から勝ち点1を取れたことも1つ大きいかなと思います。また明日は強敵のシュライカー(大阪)なので、しっかり戦えるように頑張りたいと思います。

──湘南ベルマーレの奥村監督が「北海道は守り切れる自信がある」と話していたが。
ベテランの水上、鈴木、高山と並べたところに田辺を入れたことで、しっかり守ることができます。ベテランが多いので走り合いになると厳しいところもありますが、田辺を入れることでしっかり守ることができる安定感があったのかなと思います。また、逆に若手のセットも運動量はあります。ミスも多く失点に絡んだのはそっちのセットでしたが、体をぶつけにいったり、カバーリングをしたりするところは比較的にスムーズにできているかなと思います。守れる自信があるかないかでいうと、まだまだ自信があるところまではいっていませんが、そういう戦い方をしていかないといけないことだけは、チームとしてわかっているつもりなので。そこに関しては選手たちも非常に頑張ってくれているかなと思います。

──GK鶴岡広之選手のパフォーマンスについて。
ホーム開幕戦のタイミングで、下積みの長い選手でしたから、自分が出て勝つことができたことが、きっと彼の自信につながっていると思います。もちろんポストにも助けられていますが、それも含めて実力だと本人には言ってあげたいと思えるくらい頑張っています。三浦がダメなわけではないですが、鶴岡が今、乗っているので。こういう戦いができているかなと思います。

三浦拓(エスポラーダ北海道)

先制点を取ることができ、自分たちのゲームに良い形で入っていけたと思います。1-1にされましたが、緊張感のあるゲームで、選手一人一人の強度は高かったと思います。一人一人が自信を持って試合を重ねるごとに強くなっていると思いますので、この勝ち点1をポジティブに考えて、次の試合につなげていきたいと思います。出ていない選手も、ベンチ外の選手もいつでも戦える準備ができています。そういう意味ではチームの成長を感じているので、大きな勝ち点1だと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami