SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.21

【F1第6節/北海道×湘南】勝ちきれない展開に喝「いつ気がつくのか」(湘南・奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、墨田ラウンドの初日第1戦では湘南ベルマーレがエスポラーダ北海道と対戦し、2-2の引き分けに終わった。

11分に失点を喫した湘南だったが、14分にロドリゴのゴールで同点として前半を終える。すると30分には鍛代元気が勝ち越しゴールを奪った。ところが34分に試合を振り出しに戻されると、決勝ゴールを奪うことはできずに試合は終了。今季初の連勝はお預けとなった。

心の弱さがチームに伝染している

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)

非常に残念な引き分けですね。チャンスを決めきれなかったとか、いろいろあると思いますが、相手どうこうよりも自分たちにあるのかなと。自分たち次第かなという感じでした。こういう試合もあるかなと。相手もすごく体を張って、必死で引いてきて、フウガ(ドールすみだ)にもこういう形で勝ったと思いますし、自分たちは守り切れるという自信を持ちながら戦っているように見えて、そしてそこからのカウンターも必ず決められる自信というか、オーラみたいなものがありましたね。ただ、相手というより自分たち次第ですね。そこの壁というか、去年3位になったからというのは関係なく、開幕戦もそうでしたが、自分たちはチャレンジャーなんですよね。横綱相撲は取れないチームなので、ダイレクトで打てばいいところを止めて、相手に引っかかって、その繰り返しでカウンターをくらって。いつ気づくのかなと思います。だったら大胆にいって負けた方がまだ気持ちいいというか、「やったんだな」、「戦ったんだな」という気はします。何か引っかかったものを取り切れずにここまでずっと来ているかなというのがあるので、何かを変える必要があるかなと思います。そこは僕たちが考えて、どういうアプローチ、どういう練習をするのか。改善しないといけないと思います。また明日も試合があります。黒星が先行したわけではなく、まだ五分です。明日勝って、白星が先行して2連戦が終えられるように良い準備をしたいと思います。

──失点に関して、開幕戦でもありましたがGKフィウーザ選手が前に出すぎて入れられていることが多いように見えるが、監督は指摘しているのか。
もちろん、毎プレー言っています。ただ、今日の失点はジャッピーニャ(本田真琉虎洲)が裏を取られたカバーに行って取られたので、開幕節の失点とは違うと思います。ただ出るタイミングという点でいうと、名古屋戦でもペピータと同じように出たところをチョン触られて決められたシーンがありました。若干、ズレというかタイミングがつかめていないところもあると思います。あとは裏に蹴られる部分。そこ(フィウーザの飛び出し)だけではなくて、なぜ裏にスルーパスを出されてしまったのか、なぜ裏を取られたのかまで検証して、チームとして徹底していかないと。エラーが必ずいくつか重なって失点していると思いますので、修正していきたいと思います。

──攻撃面で何がうまくいっていないと感じていますか。
シュートです。シュートまではいけていますね。結構、決定機はあったと思うので。前も話しましたが、このスポーツは点を決められる選手が生き残っていくと思います。どのポジションでもシュートを打つチャンスがあるので、そこの部分で危機感をもたないといけないです。名古屋だったら今日の試合ならば10点以上は取れると思います。でもうちはそこで取りきれていない。そこに決定的な差があると思っています。そこは自信があるないではなく、大胆さ。ダイレクトで相手の嫌なところに、相手に当たってもいいから、ボテボテでも良いから決めてやろうという、ゴールを決める強い気持ちがないと。ただ、きれいに決めてやろうとか、一回外してから決めてやろうではなく、大胆さがないと点は取れないと思います。そこがあるから相手が食いついて、シュートフェイントに引っかかってパスが生きる。まずシュートありきではなく、パスありきというか、ちょっと心の弱さがチームに伝染しているかなという気はします。そこが原因かなと。小門のCKもボテボテでしたけど、元気が詰めて決まりました。あれも小門のシュートがあるから相手が後ろ体重になって、引いたところでだれも前に出ることができなくて、元気が詰めて決めることができました。細かいですけど、そういう部分で点を取れるのに、いま一歩行ききれていないです。もっともっと自信を持っていいんじゃないかと思います。ただ中でやっている選手たちはいろんな状況、シチュエーションがあるので、外で見ているのとは全然違う印象があると思うので一概には言えないですが、もっと点は取れたんじゃないかと単純に思います。この試合は。

刈込真人(湘南ベルマーレ)

大きなチャンスを決められなかったです。攻めているけど、北海道ペースという感じの試合でした。やっていても、本当にシュートが入らないので。カウンターが多いチームなので、それは警戒していたのですが、警戒しすぎたのかもわかりませんが、シュートがことごとく入りませんでした。そこは本当にうちの欠点でもあると思います。正直、勝たなければいけない相手だと思っていたので、この引き分けが、あと27節に響かないように、明日はしっかり勝って、この2連戦を終えたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami