SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.21

【F1第6節/浜松×仙台】勝てない苦しさの中にも光明「1つの歯車が合えば爆発力はあるチーム」(浜松・豊島明監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、墨田ラウンドの初日第2戦ではアグレミーナ浜松がヴォスクオーレ仙台と対戦し、1-3で敗れた。

13分に萩原洪拓のゴールで先制した浜松だったが、15分、17分に失点して逆転を許した状態で試合を折り返す。すると後半も試合終了間際には6つ目のファウルから相手に第2PKを献上。これを決められて試合は終了し、開幕から6戦未勝利となった。

ブレずにどれだけ強く入れるか

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

2−1の局面が長く続いて、最後の一手を押し切れなかったのが敗因です。最後の1点(第2PK)は仕方ないので。2−1の前半の時チャンスを決めれなかったことが敗因につながったと思います。

──勝てないことが続いて、自信を持ったプレーができていないが今のチームの状況は。
正直にスカッとはしてないですけど、波に乗り切れてないことが一番です。自信がないわけではないですけど、自信は結果しか得られないので、まだまだ強くならないといけない段階だと思います。あとは勝ち方を覚えるだけなので、1つの歯車が合えば爆発力のあるチームなので、決め切れない部分も指導力不足と自負しています。細かいですけどこだわりを持って結果を出させないといけません。ブレずにどれだけ強くいれるか。あとは忍耐強く勝利を手繰り寄せるかだけなので、そこにこだわりを持ってプレーさせたいと思います。

──小石峯成彦選手のパフォーマンスについて。
怪我上がりでまだまだですがパフォーマンスに関しては、勝ってないですが一定の評価はできます。ただポイントで仕事はしてほしいです。まだ怪我上がりなのでこれからパフォーマンスが上がることを信じなくてはいけないです。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

選手としては、前半からやれていました。ボールを回せて、チャンスもつくれていて、負ける内容ではなかったなというのが正直なところです。言葉にするのは難しいですが、率直に言うと、今日もお客さん、子供たちが夏休みの中が来てくれてる中で、審判の目を欺くようなプレーでファールをもらうような選手がいるチームに負けたことはすごく恥ずかしいです。こういうことを勝って伝えられたら良かったですが。自分も昔ネットで書かれた選手だからわかりますけど、ああいうチームに負けないように、明日もあるので切り替えて正々堂々と。順位的にもビリなので失うものもないのでチーム一丸でやりたいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami