SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.21

【F1第6節/浜松×仙台】今季2勝目も闘将は課題を口に「勝ち点3に値したかは問いかけなければいけない」(仙台・荒牧太郎)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、墨田ラウンドの初日第2戦ではヴォスクオーレ仙台がアグレミーナ浜松と対戦し、3-1で勝利した。

13分に先制を許した仙台だったが、15分にはマルロンのゴールで試合を振り出しに戻すと、17分には堀内迪弥が勝ち越しゴールを奪い前半を終える。後半は得点が奪えないまま終盤を迎えるが、終了6秒前に相手の6つ目のファウルから第2PKを獲得。これを堀内が決めて試合は終了。今季2勝目を飾った。

失点しても慌てなかった

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

前半はいい勝負ができていました。失点しても慌てずに逆転することができました。後半は前半よりチャンスが作れて、(仙台の)フットサルができていたと思います。勝ち点3を取れてすごくうれしいです。今日はしっかり休んで、明日に向けて準備したいと思います。

──後半は守備がはまっていたが前半から変えたことは。
一人一人の取り組む姿勢が良かったです。コンパクトにチームとして戦っていました。浜松は準備できていない(守備の陣形が整っていない)チームと戦うのは得意なので、自分たちが守備の部分で準備すれば勝つ可能性が大きくなると話しました。コンパクトに強く戦えばゴールのチャンスに繋がると思っていました。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)

監督も言ったように勝ち点3を奪えたことは、これ以上の結果はないので非常に嬉しく思っています。チャンスがあって決め切れないのは、僕自身もそうですがチームとして勝ち点3に完璧に値したかは、問いかけないといけないと思っています。ただ、2試合連続ということで今日の試合を反省しすぎて明日の試合が疎かになることは違うと思うので、明日の試合の準備を全力でしたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami