SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.21

【F1第6節/すみだ×F選抜】町田に勝ち、勢いに乗っていたF選抜はすみだに惨敗。「フウガのホームゲームでの強さを肌で感じたゲームでした」(三笠貴史)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)に墨田区総合体育館で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節、Fリーグ選抜はアウェイでフウガドールすみだと対戦し、1-4で敗れた。

前節、ペスカドーラ町田に勝利し、2連勝で臨んだすみだ戦だったが開始2分で先制点を献上し、14分にも失点して0-2で前半を折り返した。後半、巻き返しを図ったが開始3分に更に失点を重ね、最後に伊藤圭汰が一矢報いたものの時すでに遅し。1-4の大差でF選抜の波が止まってしまった。

一晩で変われる成長力が僕たちにはある

高橋優介監督(Fリーグ選抜)
チームとしては前半の初めに失点してるので、後半の初めにその時間のゲームのコントロールをしていこうという話をしている時にやられて展開が悪くなったことが全てなのかなと思います。
──明日行われる次節への意気込みをお願いします
明日もゲームですのでしっかりやれる範囲で次の対策をして勝ち点3を獲りたいです。
三笠貴史(Fリーグ選抜)
正直、フウガのホームゲームでの強さを肌で感じたゲームでした。こぼれ球がなぜか相手の足元にこぼれたりとか、もちろん自分たちの集中が切れていたのかもしれないですけど、町田戦を終えて同じ強度のプレーができていたかに関しても、シーズンを通して自分たちのベストなパフォーマンスを出すことに関しての難しさを感じた一戦でした。
──明日行われる次節への意気込みをお願いします
今日の夜にでも今日の試合の映像を見て、個人から修正して明日の試合に向けて、一晩で変われる成長力が僕たちにはあるので、明日の試合勝ちにいけるように準備したいです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami