SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.21

【F1第6節/すみだ×F選抜】トップ昇格の春木がいきなり先制点!「春木はこれからチームに力を与えてくれる選手」(すみだ・須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)に墨田区総合体育館で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われた。フウガドールすみだはホームにFリーグ選抜を迎え、4-1で勝利した。

試合は開始2分に先日トップチームへ昇格が決まった春木啓佑が先制し、幸先良いスタートを切った。その後もすみだペースで試合を運び、14分に宮崎曉が追加点を決め、2-0で前半を終える。後半も開始3分に宮崎が追加点を取り、26分にはボラのダメ押しゴールで4点を奪い4連敗中の悪い流れを断ち切った。

良い相手に良いフットサルをしようというマインドが結果に表れた

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)
お疲れさまでした。Fリーグ選抜が非常に良いチームというのはスカウティングの中で感じていました。前節、町田に勝つ前から難しい試合になるなという印象は抱いていていたので準備をして試合に入りました。選手も全員が若い選手だからとかを考えずに、良い相手に良いフットサルをしようというマインドが結果に表れたのではないかなと思ってます。
──春木選手についての評価をお聞かせください。
春木は昨年、トップに上がっていろいろな経験をしていろいろな積み重ねをして、選手権を迎えて選手権でもプレータイムがあった中で素晴らしい選手がたくさんいる中、今季はバッファローズ(下部組織)からのスタートということになりました。局面では非常に素晴らしいプレーをできますがゲームという複雑なものに入るとその良さを出せなくなってしまうところは彼の成長しなければいけないところでした。しかしバッファローズで何度も若い世代にアドバイスしたりとか、引っ張っていく姿を一緒に練習しながら確認していました。そういった周りを引っ張ったことが彼を更に成長させて、トップに入った時に高レベルな、彼の良さがたくさん出るようなクオリティのプレーを連発していたので、そういう意味では今日、違う秩序のチームで、公式戦の緊張感の中で出せるかというところがひとつのポイントだったと思います。その中でトレーニングでよかったプレーを出せていて、自分たちがなかなか取れなかったゴールという最高の形で示せた。彼は若手という歳ではないですけど、彼は中学まで野球をしていたのでそういう意味ではまだまだ伸びしろがあるので将来が非常に楽しみですし、これからチームにとって力を与えてくれる選手だと思います。
──スペインへ移籍する清水和也選手について
清水和也に関しては、元々の彼が希望だった海外移籍も現実になり、彼が希望していたということもありますが、向こうから望んでオファーがあったことが素晴らしいなと思っています。そういう姿勢で海外に渡る選手はそんなに多くなかったので、今後彼のような若い選手が海外でプレーできるような懸け橋になるプレーをしてほしいなと思います。明日はゴールという形でホームを去りたいと思っているので、彼自身がそこで結果を残して名古屋に勝って得点を決めてほしいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)
ただただほっとしてます。スコアが2-0、3-0、4-0になっても今までの悪い流れがあったので、ビビりながらやってました。それが今日は逆に良かったかなと思います。今日初出場だった春木が練習から素晴らしいパフォーマンスをしてましたし、躍動してチームを助けてくれました。今後の彼に非常に期待してます。
──スペインへ移籍する清水和也選手について
彼はすべての面で違いをみせられる選手だと思っていて、発言だったりとか、もちろんプレーでもチームを助けてくれましたし、明日は日本一のチームですけど思いっきりぶつかって違いを見せてほしいですし、気持ちよく送り出せるようにチーム全員で勝てるように頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami