SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.04.01

【監督就任】北海道がFリーグ選抜を率いた金井一哉氏の復帰と監督就任を発表!「チームを率いる大役を務めさせて頂く事に大きな誇りと強い責任を感じております」

PHOTO BY軍記ひろし

エスポラーダ北海道は1日、2020/2021シーズンの監督として、金井一哉氏の就任が決定したと発表した。

北海道出身選手によるチーム強化、育成の充実を目指す

新シーズンより北海道の監督を務めることになった金井氏は2010年から2019年までコーチとしてチームに携わっていた。

昨シーズンはチームを離れFリーグ選抜の監督に就任。選手と同じように自分自身も監督としての経験を積んだ。これまでチームを率いていた小野寺隆彦監督の退任にあたって、チームに復帰した新シーズンからは監督への昇格が決まった。

金井新監督はリリースを通じて「自分を成長させてくれたこのクラブで、監督というチームを率いる大役を務めさせて頂く事に大きな誇りと強い責任を感じております」とコメント。

「監督の就任にあたり大きな目標は、これまで築き上げたクラブスローガンの体現である『道産子の夢をのせて』を継承し、北海道出身選手によるチーム強化、そして育成を充実させ、Fリーグ優勝を目指すこと」と意気込んだ。

クラブからのリリースは以下のとおり

金井 一哉氏 監督就任のお知らせ!

この度エスポラーダ北海道では、2020/2021シーズンの監督として、金井 一哉氏の就任が決定しましたのでお知らせいたします。

【 監 督 】
金井 一哉(かない かずや)

●生年月日:1980年7月9日(39才)
●出 身 地:神奈川県横浜市
●指 導 歴:2010~2018シーズン・・エスポラーダ北海道トップチームコーチ
2019シーズン・・・・・Fリーグ選抜 監督

●ライセンス:JFA公認 サッカーC級コーチ
JFA公認 フットサルA級コーチ

●金井監督のコメント:
この度、2020/2021シーズンよりエスポラーダ北海道の監督に就任する事になりました金井一哉です。このような機会を与えて下さったクラブに心から感謝申し上げます。
2008年のチーム設立から選手として2年間、指導者として約10年間エスポラーダ北海道に携わらせていただきました。自分を成長させてくれたこのクラブで、監督というチームを率いる大役を務めさせて頂く事に大きな誇りと強い責任を感じております。チームがこれまでの時間で作り上げてきた歴史を大切にしながら、期待に応えられるよう一瞬一瞬を大切にし、更なる成長を目指して日々努めて参ります。
監督の就任にあたり大きな目標は、これまで築き上げたクラブスローガンの体現である「道産子の夢をのせて」を継承し、北海道出身選手によるチーム強化、そして育成を充実させ、Fリーグ優勝を目指すことです。北海道の代表として戦う誇りを心に刻み、どこよりも走り、最後まで諦めない、そして、観ている人の心を揺さぶるようなプレーをお届けし北海道の未来に貢献する事を約束いたします。
私を育ててくれたエスポラーダ北海道を愛し、そして、フットサルを通じ応援して下さる全ての方々に幸せを感じて貰えるようなチームを目指していまいりますので、今後とも変わらぬご支援、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

※2020/2021シーズン新体制発表記者会見詳細については改めてご案内させていただきます。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami