SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.21

【F1第6節/名古屋×町田】一時3-0から悪夢のようなダブルスコアの敗戦。「もう一度ゼロからやり直す気持ちでやらないと厳しい」(町田・森岡薫)

PHOTO BY軍記ひろし

7月21日(土)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節が行われ、ペスカドーラ町田は名古屋オーシャンズを相手に一時は3-0とリードしたものの、終わってみれば4-8で逆転負けを許した。

森岡薫、クレパウジ・ヴィニシウスのゴールで序盤に2点を先行。さらに14分に相手のオウンゴールを誘って3-0と大量リード。しかし、直後に1点を返されると、18分には、前節に負傷から復帰したいゴールの痛恨のミスで3-2と詰められて試合を折り返した。

後半早々に同点に追い付かれると、その後も相手に攻め立てられて29分に勝ち越されてしまうと、その後は緊張の糸が切れたように失点を重ね、前半戦の大一番で手痛い敗戦となってしまった。

リードした時のプレーを忘れてしまったのかもしれない

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)
──今日の試合を振り返って。
3点リードから逆転されてしまい残念です。うまくゲームコントロールできなくて、簡単な失点もあったし、チームの弱いところが出てしまいました。最近は追い掛ける展開が多かったので、リードした時のプレーを少し忘れてしまったのかもしれない。そのあたりを修正して、しっかりと前を向いて戦いたいと思います。
──「簡単な失点」に関して、(バックパスでGKが触らないまま3-2とされるゴールになってしまったシーンは、ケガから復帰したばかりの)イゴールの試合勘が戻っていない印象を受けたがどう感じているか。
そうかもしれません。

──後半からゴレイロを交代する選択肢もあったのか。
それは常にあります。ただ、点を取らないといけない状況ではカウンターの時の(GKからの)スローが必要だし、イゴールはキックで裏にも出せる。点を取るためには必要だったし、他のプレーは悪くはなかった。絶対にイゴールでいくとは決めていないですが、今日はそれほど(交代することを)考えていなかったです。

森岡薫(ペスカドーラ町田)
──今日の試合を振り返って。
3-0からの逆転はなかなか経験できないもので正直あまり言葉がないですけど、課題がいっぱい残っています。僕が感じたことなのですが、たぶん周りのことを気にしすぎて自分のプレーができていない。自分は穴だらけなのに、味方の穴を見ようとすることが最近、出てきているなと。ピッチでは「ああしろ、こうしろ」という声が聞こえるが、まずは自分がやらないことにはこういう結果になってしまうと思うので、もう一度ゼロからやり直す気持ちでやらないと厳しいと感じています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami