SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/大分×湘南】大敗で目が覚めた湘南。「こういう負け方でよかった。逆にスッキリした」(湘南・奥村敬人監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(土)に墨田区総合体育館で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節、湘南ベルマーレはバサジィ大分と対戦。

先制点を奪われたが13分に浦上のゴールで同点に追いついた湘南だったが16分、17分に立て続けに失点し、1-3で前半戦を折り返した。後半、開始5分で更に失点し、本田真琉虎洲をGKに、パワープレーを開始。それでも結局1点しか奪えず、2-7での大敗で終わった。

試合後の会見で奥村監督は悔しさに打ちひしがれた表情ではなく、むしろ清々しい表情で会見に臨んだ。

バラバラになったものを一つにしないと

奥村敬人監督(湘南ベルマーレ)
たくさんの方々に来ていただいて勝利をプレゼントできずに悔しいですが、なんかスッキリしました。逆にこういう負け方でよかったのかなと。今まで、勝ったり負けたりしていて、まだ自分たちはやれるんじゃないかってところがあったが、力負けした感じで、僕的にはここから這い上がるためにはよかった。大敗して足元を見つめ直して戦うためにも。序盤だしよかったかなと。選手は一生懸命、出た時間でプレーしていたので、これは指導者の責任だと思います。中断期間が2週間くらいあるので、どう戦うかはしっかりと分析していきたい。

刈込真人(湘南ベルマーレ)
……やっていても、試合をしていても、率直にあまり楽しくない試合でした。一人ひとりがなんか合わなくて、些細なズレが今シーズンの最初から続いていることがすごく多くて、去年3位になって結果を残した雰囲気、モチベーションが去年とは違う感じが試合ですごくしています。

2週間空きますが、その期間の過ごし方、練習を緩めずにやっていかないと、残りの試合も勝てないと思うので、去年のような雰囲気、みんなの考え方を、もう一度。バラバラになっているものを一つにしないと中断明けも同じ結果になってしまうと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami