SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.22

【F1第7節/大阪×北海道】初日から飛躍的にパフォーマンスが向上「いいプレッシャーから攻撃につながった」(大阪・小曽戸允哉)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの2日目第1戦ではシュライカー大阪がエスポラーダ北海道と対戦し、7-2と大勝した。

前半に田村友貴の2ゴールで先行した大阪は後半もリードを広げていく。24分には1失点を喫するもチアゴ、アルトゥールら役者が揃い踏み。北海道がパワープレーを開始するが試合の大勢は変わらず。6クラブ共同開催の2連戦を1勝1分けの無敗で乗り越えた。

3試合勝利なしから価値ある白星

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)

最初から良いリズムで、たくさんチャンスができました。前半にリードできたことが大きいですし、後半も良いペースで臨むことがでいました。ただ、昨日と同じで取られ方。リズムを作って、チャンスを作ってもカウンターに繋がらない場面がありました。それでも3試合は勝ち点3が取れていなかった中で、今日は取れました。次に向けて大きなことだと思います。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)

今日の試合の前に、どんな内容でも勝ち点3を取って帰ろうと話しました。それが、良い形で勝って帰ることができて良かったと思います。

──この2連戦を振り返って選手として試合内容はどう感じているか。
昨日はチャンスがありながらも決められなくて、ディフェンスのプレッシャーもかけきれていないことがありました。ただ今日に関しては良いプレッシャーが良い形でかけられて、それが攻撃につなげられたので、内容的には昨日よりも今日が良かったです。それが結果に現れたと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami