SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.22

【F1第7節/すみだ×名古屋】清水和也のホーム最終戦を飾れず。 「相手に支配されて、体力が削られている感覚」(すみだ・諸江剣語)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。フウガドールすみだはホームに名古屋オーシャンズを迎えると、試合終盤に失点を重ねて1-4で敗戦を喫した。

スペインへの移籍が発表された清水和也の、移籍前のホーム最終戦となった試合、多くの観客が詰めかける中で選手たちも気合十分のプレッシングで名古屋に挑み、前半はスコアレスで五分五分の戦いを披露。しかし後半、38分に先制を許すと、圧力を緩めない相手に押し込まれる時間が続いて失点を重ねてしまう。

最後は、岡村康平をGKに代えてパワープレーで逆転を狙ったが反撃はボラの1点止まり。前日の勝利の勢いそのままに今シーズン初めての連勝とはならなかった。

普段よりもレベルが1つ高い名古屋に挑んだ

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)
名古屋の強さは今シーズンのプレマッチ、カップ戦、リーグ戦を見る中で感じていましたし、普段の名古屋よりもレベルが1つ高いところにある印象で挑みました。ただそういう隙のないチームを相手に隙を探すのではなく、今チームとして取り組んでいる攻撃であったり、自分たちが主導権を出せるかどうかがこの試合の重要なポイントでした。

前半はそういうシーンを多く作れたことがポジティブでしたが、後半にできなかったところは改善点として向き合わないといけないですし、そうしないと今後も名古屋に勝てる可能性がなくなってしまいます。連戦で厳しい中、最後まで振り絞って戦った選手は素晴らしかったです。この敗戦で勢いを止めることなく、次のバサジィ大分戦に向かっていきたいと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)
前半は我慢しながらいい戦いができていたと思いますし、相手が前掛かりになったところで裏を狙うプレーなど、チャンスを作れていました。後半は少しプレーが落ちて、相手に支配されてしまったかなと思います。

──今シーズンの名古屋と対戦したどのチームも、後半に落ちている印象です。それは相手が強度を落とさないでやってきているからか。
もちろん、相手のフィジカルが落ちないところもあると思います。全員のフィジカルレベルが高いので、対峙している選手の疲労度は普通の試合よりも高いために、後半はかなりの疲労感を感じています。あとはボールを回され、試合を支配されていると、ディフェンスの局面が多くなり、体力が削られている感覚です。

 

▼ 関連記事 ▼

Bitnami