SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.22

【F1第7節/F選抜×浦安】主将・三笠は“ホーム凱旋”勝利!「墨田区総合体育館で勝てて嬉しかった」(F選抜・三笠貴史)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)に墨田区総合体育館で行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節、Fリーグ選抜対バルドラール浦安は3-2でF選抜が勝利した。

前半4分、新井裕生が右サイドから放った強烈なシュートが相手に当たりオウンゴールで1点を先制して前半を終える。後半戦も1点リードしているとはいえ相手ペースのゲームが続いていたが、後半8分に左コーナーから三笠がボレーを決めてスコアは2-0に。その後、浦安に1点返されるが直後に三笠がPKを決めて再度2点差とし、浦安はパワープレーを開始。1点奪われたものの、何とか凌いで試合終了。F選抜は今季3勝目を挙げた。

先制点のおかげで心に余裕が持てた

高橋優介監督(Fリーグ選抜)
昨日(のフウガドールすみだ戦で)は自分たちの集中力が持続しないところがあって、試合中にも浮き沈みが激しかったので、そこを修正しようと臨みました。相手に押し込まれたり苦しいところもありましたし、相手が戦術では上回っていたと思いますが、要所で点を取って勝ててよかったです。

三笠貴史(Fリーグ選抜)
最初にラッキーな形で先制できて、相手のディフェンスにはうまく対処できていなかったのですが、その先制点のおかげで、心に余裕ができたと思います。個人的にも、(所属元がフウガドールすみだバッファローズなのでホームである)この墨田区総合体育館で勝利できたことが嬉しかったです。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami