SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.07.22

【F1第7節/町田×仙台】アスピランチ出身4選手を同時起用にも「信頼感はあり勇気は必要ない」(町田・岡山孝介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

7月22日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第7節が行われた。今シーズン最初の6クラブ共同開催、立川ラウンドの2日目最終戦ではペスカドーラ町田がヴォスクオーレ仙台と対戦し、7-4で勝利した。

先にゴールを許す苦しい展開の中、前半はシーソーゲームとなり2-2の同点で試合を折り返す。後半は森岡薫のゴールで先にスコアを動かすと、終盤はパワープレー返しをしっかりと決め切り大差をつけての勝利となった。

泥臭くても勝ち取った勝利

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

今はどんな内容でも勝つことが一番大事なことだったので、内容自体は褒められたものではありませんが、泥臭くもみんなで1つになって勝ち取った勝利です。今日に関してはそれだけで満足しています。

──勝利が欲しい中で後半にはアスピランチ出身の日根野谷建、西村祐飛、宮崎貴史、中村充の4人をピッチに送り込んだが勇気がいる采配だったのでは。
他のメンバーが時間帯によって(出場の)波がありました。すごく良ければそのままいきますが、チャンスの数としては多くなかったので流れを変えたいという思いでその4人を送り出しました。彼らに関しては、プレッシングにいったり、4枚で走り回って裏を取るなどは十分にやれる選手たちです。そこの信頼感はありましたし、(ピッチに送り出すことに)勇気は必要はないです。ただ、前半に出ていなくて、後半に急に出るということは勇気が必要でした。それ以上に流れを変えたりする必要性を感じました。昨日を見ても、出場が全くない中で最後までベンチで声出して一緒に戦ってくれたメンバーですし、こういう展開になって必要なら信頼して使わなけれえばいけないと思っています。送り出すときは(点を)取ってくれると信じて送り出しました。

森岡薫(ペスカドーラ町田)

(前日の敗戦から)切り替えることができたことと、試合の途中で同点にされたり少し嫌な流れになった中でも
普段出ていないメンバー、チャンスが少ない選手たちが後押しをプレーで表現できました。ずっと出ている選手たち、ベテランたちはそれを見てこれでは(自分たちはこのままでは)ダメだと思えたか。僕はそう思えましたし、そういう選手がいるからこそ今日の勝利に繋がったと思っています。ただ、この内容だと優勝を狙うのは厳しいことなので、しっかり休んで、切り替えて頑張っていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami