SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.07.23

【F1第6節・第7節/結果&順位】立川と墨田で計12試合、生まれたゴールはなんと驚異の「85」!

PHOTO BY軍記ひろし

2日間の平均ゴール数は7!

7月21日、22日にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第6節と7節がアリーナ立川立飛と墨田区総合体育館で行われた。

全12チームが2会場に分かれ行われた「6クラブ共同開催」。1日目のアリーナ立川立飛で行われた名古屋オーシャンズ対ペスカドーラ町田の天王山は、町田が一時3点リードしていたが、名古屋の怒涛の反撃を食らい8-4のダブルスコアで王者が劇的逆転勝利を収めた。一方の墨田ラウンドではホームのフウガドールすみだがFリーグ選抜に4-1で快勝し、連敗を断ち切った。

2日目、この日の主役になるはずの男はすみだの清水和也だった。スペインのエルポソへ期限付き移籍が決まり、この第7節がFリーグ最終試合(予定)のため有終の美を飾りたかった。幸か不幸か日本で最後の相手は6連勝中の名古屋。前半は五分五分の戦いを繰り広げていたが40分耐えきることができず1-4で大敗。王者を破って最高の形で清水を送り出すことはできなかった。

2日間で合計85ゴールが生まれ、平均ゴール数は「7」。今季最もゴールが生まれたリーグ戦になった。

試合結果は以下の通り。

■試合結果
DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第6節
エスポラーダ北海道 2-2 湘南ベルマーレ
立川・府中アスレティックFC 5-4 バサジィ大分
アグレミーナ浜松 1-3 ヴォスクオーレ仙台
シュライカー大阪 2-2 バルドラール浦安
フウガドールすみだ 4-1 Fリーグ選抜
名古屋オーシャンズ 8-4 ペスカドーラ町田

DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第7節
シュライカー大阪 7-2 エスポラーダ北海道
バサジィ大分 7-2 湘南ベルマーレ
立川・府中アスレティックFC 5-3 アグレミーナ浜松
フウガドールすみだ 1-4 名古屋オーシャンズ
Fリーグ選抜 3-2 バルドラール浦安
ペスカドーラ町田 7-4 ヴォスクオーレ仙台

■順位表
順位/クラブ名/勝点/試合数/勝/分/負/得点/失点/得失点差
1/名古屋オーシャンズ/21/7/7/0/0/45/12/33
2/立川・府中アスレティックFC/15/7/5/0/2/25/23/2
3/シュライカー大阪/14/7/4/2/1/30/20/10
4/バサジィ大分/13/7/4/1/2/32/21/11
5/ペスカドーラ町田/11/7/3/2/2/25/24/1
6/エスポラーダ北海道/10/7/3/1/3/19/23/-4
7/Fリーグ選抜/9/7/3/0/4/16/21/-5
8/湘南ベルマーレ/8/7/2/2/3/16/23/-7
9/バルドラール浦安/6/7/1/3/3/17/19/-2
10/フウガドールすみだ/6/7/2/0/5/12/20/-8
11/ヴォスクオーレ仙台/6/7/2/0/5/17/27/-10
12/アグレミーナ浜松/1/7/0/1/6/10/31/-21

■次節試合日程
DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1 第8節
7月29日(日)
14:00 Fリーグ選抜 vs 名古屋オーシャンズ
8月4日(土)
13:30 アグレミーナ浜松 vs エスポラーダ北海道
16:00 立川・府中アスレティックFC vs 湘南ベルマーレ
8月5日(日)
13:00 バサジィ大分 vs フウガドールすみだ
16:00 バルドラール浦安 vs ペスカドーラ町田
17:30 ヴォスクオーレ仙台 vs シュライカー大阪

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami