SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.05

【F1第8節/仙台×大阪】若手の初ゴールを評価した指揮官。「計盛は練習からすごくアピールしていました」(大阪・比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月5日(日)、DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第8節、ヴォスクオーレ仙台とシュライカー大阪の一戦がゼビオアリーナ仙台で行われ、大阪はアウェイで6-2で勝利を収めた。

開始42秒、右サイドを加藤未渚実が突破してシュート性のパスを送ると、ファーでチアゴが合わせて先制。その後も、加藤、田村友貴が決めてリードを広げると、17分には計盛良太のFリーグ初ゴールも飛び出し、前半のうちに4-1と引き離した。後半もリズムよく試合を進めた大阪は、危なげない試合運びで前節と同様、大量得点での連勝を飾った。

次はカウンターを受けないような攻撃をしないと

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)
最初から最後までいいリズムを作って、前半も大きなリードを取って、自信を持ってやれていました。守備も高い位置で奪ってゴールもできました。失点の場面は、もっと早く切り替えるように。あと2失点目もカウンターだったので、次の試合に向けてはそれをされないような攻撃面での修正もしないといけません。とりあえず、勝ち点3を取れてよかったです。

──計盛良太選手が初ゴールを決めましたがいかがでしょうか。それと、今日は試合前に「JFA 第5回全日本U-18フットサル選手権大会」もありましたがご覧になってどうですか?
高校生が何人かいいプレーを見せていたので、それを見ると日本のフットサルも先があるなと。計盛もそうです。若い選手は、監督として育てていくことも自分の役割です。ただし、自分の育て方だけではなく、自らで(ポジションを)取りにいかないといけないところもあります。彼は練習からすごくアピールしていますし、この前の試合は2分しか出ていないですがやり切りました。もっと出してくれと。それで、今日もやり切りました。彼はすごく力がありますし、よかったと思います。

小曽戸允哉(シュライカー大阪)
自分たちが前半にリードしてリズムを作れてよかったです。ただ失点も自分たちのミスが大きいので、そこを修正していきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami