SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.06.16

【F1第1節/仙台×大分】今年は大分の上位進出があるかも!「4年間で自分なりにアップデートしてきた」(伊藤雅範監督)

PHOTO BY本田好伸

6月16日(土)に開幕したDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、バサジィ大分はヴォスクオーレ仙台に5-2で勝利した。

大分はセットプレーから森洸がボレーシュートから2点を奪うなど前半で3点を奪取。後半には仙台に2点を返されたが、その後2点を追加して開幕戦を白星で飾った。

Fリーグはひたむきさが薄い

伊藤雅範監督(バサジィ大分)
開幕戦なので勝てて良かったと思います。うちは最下位のチームなので、全部相手は上だと思っています。どんな形でも勝ち点を拾っていくことを考えて戦っていきたいと思います

──外国人選手を3人獲得し、新たな選手も加入したがどのようにチームを作っていきたいか
新しい選手が入り、間違いなく彼らがチームの軸になっていくと思います。逆にいうと、新しいチームで正直に連係はすごく不安です。そこを高めながら、もう少し走って戦えるチームを作りたいと思っています。

──久しぶりのFリーグでの監督業だが変わったところは
Fリーグに4年ぶりに帰ってきてここに座って、記者の皆さんを含めて顔ぶれが一切変わっていないなと。その中で自分の指導で変わったところがあるとすれば、自分なりに勉強してアップデートしたところだと思います。前に良かったところもありますし、逆に足りなかったところもあります。この4年間の中で自分なりに勉強、指導論、方法論を学んできたつもりなので、選手へのアプローチが少し変わったり、やりたいことが少し変わったところはあります。

──もう少し具体的に言うと
4年間、外からFリーグ見ていて感じたことはフレッシュじゃないなと。真新しいことをやれということではなく、挑戦している姿やひたむきさが少し薄いと感じていました。名古屋というすごく強いチームがあって、優勝争いもなんとなく名古屋でしょという雰囲気があるのは確かです。でもそうではなく、色々なチームがひたむきに戦うところが、僕には薄いと感じられました。残念ながらうちはテクニカルなチームではないので、そこを求めてやっていきたいと思います。

上福元俊哉(バサジィ大分)

開幕戦で勝利できて嬉しく思いますが、監督も言ったように、僕らはまだまだ下のチームで、決して上手いチームではないと思っています。その中で、一試合一試合を大事に戦っていきたいと思いますので、次の大阪線に向けて頑張っていきたいと思います。

──移籍して初ゲームで勝った気持ちは
府中でやってきた時間が長くて不安が大きかったです。でもゲームが始まればバサジィの人間であり、すんなりゲームに入れました。

──セットプレーで多くのゴールが入っていたが練習の成果か
どうですかね(笑)。練習を2ヶ月間さぼってたわけではないですし、個人的にはしっかりやってきたと思っています。その結果だと思っています。と監督がさっきロッカーで言っていました(笑)。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

▼ 関連記事 ▼

Bitnami