SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.17

平均172センチの北海道に、188センチの若手大型ゴレイロ・和田陽輝が新加入!

PHOTO BYエスポラーダ北海道

三浦拓、鶴岡広之の先輩ゴレイロを脅かす

エスポラーダ北海道は15日、育成組織である北海道サテライトに所属する20歳のゴレイロ・和田陽輝がFリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。

平均年齢24歳と若いチームは今シーズン、序盤戦から10代の新戦力を積極的に起用しながら戦ってきた。8節終了時点で3勝1分4敗で8位と中位以下に沈んでいるものの、フレッシュさを生かした走力とベテランの味のあるプレーが融合した独特なチームカラーはひときわ存在感を放っている。

そんなチームに特別指定選手として加わったのが和田であり、若手の台頭はこれまでフィールドプレーヤーが中心だったこともあり、トップチームで3人目となるゴレイロには大きな期待が掛かる(和田自身は、2016シーズンの最終節に試合登録されたために公式の出場記録は「1」だが、ピッチには立っていない)。

平均172センチと小柄なチームの中で際立つ188センチの長身と、サテライトで5年間にわたって培ってきたスキルを武器に、チームの浮上を支えるキープレーヤーへと成長していけるだろうか。

以下、クラブからのリリース。

GK 和田陽輝(ワダ・ハルキ)
■受入先:エスポラーダ北海道
■所属元:エスポラーダ北海道サテライト
■生年月日:1998月6月8日(20歳)
■出身地:北海道釧路町
■身長/体重:188cm/87kg
■背番号:26番
■和田選手コメント:
この度、エスポラーダ北海道サテライトからFリーグ特別指定選手に登録させていただいた和田陽輝です。サテライト入団5年目ということもあり、最後という気持ちで望んでいた今季ですが、まずはこのような形で結果を残すことができました。明日からは試合で結果を残すという強い気持ちで、皆様から応援していただける選手を目指して、今まで以上の努力をしていきます。応援の程宜しくお願い致します。

公益財団法人日本サッカー協会「Fリーグ特別指定選手制度」とは
【目的】
フットサル選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を越え、「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする。
【概要】
Fクラブ以外の公益財団法人日本サッカー協会フットサル加盟登録選手を対象に、日本サッカー協会が認定した選手に限り、所属チーム登録のまま、Fリーグ等の試合に出場可能とする。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami