SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.18

【F1第9節/湘南×すみだ】エース・清水和也の退団で鍵となるのは「全員が主役になる気持ちを持ってやること」(すみだ・須賀雄大監督)

PHOTO BY軍記ひろし

818日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第9節、フウガドールすみだは湘南ベルマーレとのアウェイゲームに臨み、3-5で敗れている。

前半に3連続失点を喫したアウェイチームだったが、前半終了間際に相手のエラーを見逃さなかった宮崎暁が1点を返して試合を折り返す。すると後半立ち上がりには栗本博生が1点差に詰め寄るゴールを奪った。

2-4で迎えた36分には栗本が再びネットを揺らすが、試合終盤にまたも失点。中田秀人をGKに置いたパワープレーでゴールを目指したが追いつくことはできず3連敗となった。

清水和也が移籍した中で攻撃の再構築は?

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

秦野で試合をするのは非常に好きで、アウェイですが非常に良いアリーナだなと思っています。良い雰囲気の中で、良い勝利を掴みたかったのですが、それは難しかったです。試合に関しては、今節は岡村(康平)という攻撃の起点となる選手が出場停止で、そこのストロングポイントがない分、他のところでストロングを出していこうと。トラジションの部分、攻撃から守備、守備から攻撃のところで相手より上回って、クラブのフィロソフィーである“切り替え0秒”のところをより戦術的に体現するトレーニングを積んできました。前半は、経験が浅い選手もいたので、少し相手の勢いに押されてしまいました。後半に関しては自分たちがやりたいゲームができた手応えは感じています。その中で、常に相手がゴールを先行するような形になってしまったので、失点に目を向けるのももちろんですが、もう一つ攻撃力を上げて、ゴールチャンスをゴールに結びつけていくことができれば、チームとして向上していけると思っています。その部分を意識してしっかりやっていきたいなと思います。

──攻撃のレベルアップが必要な中、清水和也選手が移籍した。今後どのように攻撃を再構築していく考えか。

清水のタレント性はシュートに一つ集約されています。彼のシュートはFリーグでもトップレベルだと思っています。そういう意味では、彼一人でゴールをこじ開けられる。例えば今日ならば湘南はマンツーマンでしたので、孤立させてから一対一でのシュート。それも一つの選択肢になるのかなと思います。その選手がいなくなったからこそ、前に人数をかけていく。具体的にいうと、ピヴォを追い越していく動きを必ず入れて、セカンドポストに走り込んでいく。そして、ピヴォを落としを高い位置で受けられる選手がいてミドルシュートを狙う。そういう攻撃にリスクをかけていく、それを精度が高い状態でやっていくことが求められます。シュートしか選択肢がない状態でプレーすれば、どの選手も普通の選手です。選択肢がたくさんあればどの選手もスーパーになれると思っています。アグレッシブに、どれだけピヴォを信じて走りきれるか。コース取りやシュートの精度も含めてトレーニングではこだわってきています。そういう意味で、今日栗本が決めてくれたゴールというのは彼のような選手がある意味当たり前のようにゴールを決める姿勢を見られたことは次に繋がっていくと思いますし、全員がチームの主役になる気持ちを持ってやる。そういうことが今のチームに求められていることです。

──試合の後半に湘南の選手のバックパスが見逃される場面があった。会場を含めて疑問に思う場面だったが、審判団とも話をしていた中でどのような説明だったか。

クリアですと言われました。コントロールするつもりがなかったプレーなのでキャッチできますと一言言われました。それで終わりです。リフティングして、胸トラップしてヘディングしているのですがクリアと言われてしまいました。それがそもそもいいのかわからないので、このあとマッチコミッショナーと話す予定です。あの判定がどうこうというよりも、お客さんが?がついたままそれで終わりにしてしまうことは、競技を楽しみにしてくださっているお客さんに対しても失礼なことです。なので、そこに何らかの答え。お客さんも気になっているのかなと思います。そういう部分はみんなで良くしていけばいいと思いますが、何もないまま時が流れてしまうことは日本のフットサル界の成長に繋がらないと思います。何らかの説明は欲しいなと思います。

諸江剣語(フウガドールすみだ)

最初、03になったところは修正しなければいけないです。しかし、今日は守から攻へのカウンターのところで良い出足からチャンスを作ることができたところは良かったと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami