SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.08.19

【F1第9節/F選抜×仙台】仙台が勢いに乗るF選抜を破り連敗をストップ!しかしキャプテン荒牧は内容に満足せず「効果的な攻撃をしたかった」。

PHOTO BY軍記ひろし

リーグ戦2連敗中と調子を落としているヴォスクオーレ仙台は今、勢いに乗っている若手軍団・Fリーグ選抜と対戦した。

拮抗したゲーム展開だったが、前半9分に相手選手のシュートがゴールに突き刺さってしまう。しかし幸いにもその前のプレーでファウルがありゴールは取り消しに。これをきっかけに仙台は攻撃のギアを上げたが相手の粘り強い守備もあり前半を0-0で終えた。

後半戦は25分に高い位置でボールを奪った荒牧のカウンターで先制したが35分に同点とされてしまう。しかし仙台は38分に関がセットプレーから追加点を決めて再度F選抜を突き放すと相手はパワープレーを開始。相手の攻撃に苦しめられたがパワープレー返しで3-1に。試合は仙台が勝利し、連敗をストップさせた。

決定的な機会を彼らが作ったというより自分たちが与えてしまった。

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)
まず選手たちをを褒めたいです。この試合に向けて準備してきました。前半は明らかなチャンスが3つぐらいありました。前後半含めて試合はいい勝負で勝ち点3を取ることができました。3週間後また対戦します。ロベルト・カルロスが来るから勝てるかわからないです(笑)。

荒牧太郎(ヴォスクオーレ仙台)
勝ち点3を取れたことは良かったポイントです。監督が言ったようにチャンスは何回かありましたし、相手にもチャンスがあり、どちらに転ぶかわからない試合になってしまった。相手も勝ちに来てて簡単な試合にならない中で勝ち点3を取れたことは大きいです。
──「どちらに転ぶかわからない試合になってしまった」と仰りましたが、本当ならばどんな抑え方をするプランだったか。
先制することもできましたし、機会はあったが決めれなかった。リードしてからの戦い方も相手をコントロールして嫌がるような、いなすような効果的な攻撃をしたかったが相手のしたいディフェンスに自分たちが引っかかってしまって決定的な機会が彼らにはできていたので彼らが作ったというより自分たちが与えてしまったピンチがすごく多かったです。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami