SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

Go 4 Crown!アジア最強へ
SALペディア
2018.06.17

【F1第1節/大阪×F選抜】技術は劣っても気持ちで負けてはいけない!「大事な根本が欠けていた」(高橋優介監督)

PHOTO BY本田好伸

6月17日(日)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、Fリーグ選抜はシュライカー大阪と対戦し2-6で敗れた。

立ち上がりから失点を重ねたFリーグ選抜だが、14分に新井裕生が自陣からのロングボールを決めて1点を返す。後半も大阪にゴールを奪われる苦しい展開の中、39分に鬼塚祥慶が個人技から豪快なシュートを決めるなど意地を見せた。

勝つ気持ちを持ってピッチに立てていない

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

前半と後半で得点差の差が出た試合でした。それは相手が点差があったということでプレー強度が落ちる結果になったので、前半、後半の良かった悪かったは見ないほうが良いと思っています。具体的な点として前半の入り、3分と4分に連続失点しています。最初は悪くなかったですが、あそこまで押し込まれて、ぐっとくる相手への対応がうまくできていなかったところが、ゲームの流れを失った要因かなと思います。

──2失点目でタイムアウトをとったが、そこでの指示は。
自分たちがしっかりやるべきことをもう一度確認しました。押し込まれることはある程度わかっていたので、そういうところでボールに対する執着心が低かったと感じています。その部分を出さないと差は広がりますし、一番大事な部分です。フットサルは得点を争う競技なので、本質的な部分。相手よりも多くのゴールを取って、いかにゴールをさせないか。この根本が欠けているというものがありました。こういった気持ちの部分、具体的にどうやるの、誰がやるの。そこは自分たちなのですが、そういうところを確認しました。

──素晴らしい突破力から鬼塚選手がゴールを決めたが、彼のプレースタイルについて。
彼はボールを持って前に行くものに関しては一番高いかなと思っています。ゴールへの意識も一番高い選手です。

三笠貴史(Fリーグ選抜)

点差もすごく開いてしまいました。戦術的、個人技術より、戦う、勝つんだっていう気持ちで全員が立てていなかったことが一番の問題です。技術で劣っているところはありますが、戦える部分もあります。最初から気持ちが持っていけないと、同じ土俵で戦えていないと感じた試合でした。

──気持ちの持っていき方の部分で、改めてリーグ戦が始まった中で難しさを感じているか。
いつもゲームの入りが悪いのですが、普段の練習でのフィジカルやスピードと、試合は全く違います。そこで1つ、入りのところでビビると勝つという部分がブレてしまいます。勝つために僕たちはピッチに立っていますが、ビビるという部分が入ってしまっうと、ブレてしまうなと感じました。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

▼ 関連記事 ▼

Bitnami