SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.06.17

【F1第1節/すみだ×町田】町田は快勝にも不満?「狙った攻撃がうまくできなかった」(岡山孝介監督)

PHOTO BY本田好伸

6月17日(日)に行われたDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の駒沢セントラルで、ペスカドーラ町田はフウガドールすみだに3-0で勝利した。

お互いに強度の高い前プレで主導権を握り合う中、すみだに退場者が出たところでクレパウジ・ヴィニシウスが先制点を奪う。後半もクレパウジ・ヴィニシウスのゴールで点を重ねると、試合終盤には森岡薫が追加点を奪い、開幕戦で快勝した。

同じ絵を描いてプレーすることが必要

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

思うように攻めることができなくて、チャンス自体はそこそこありましたが、狙った攻撃がうまくできませんでした。そこをしっかり改善して来週も勝てるように頑張りたいと思います。

──狙った攻撃があまりできなかったとあるが、どういう狙いがあったのか。
テンポをもう少し上げたかったです。良いタイミングで中を使って攻撃をすること。中が使えなかった時の動き直しの部分ができなくて、プレスにハマることがあって裏を取ることができませんでした。ピヴォを置いた時も似たような、足が止まってしまいプレスをもろに受けていました。相手よりも早く動き出すこと、みんなが同じ絵を描いてプレーすることがもう少し必要だったかなと。練習やプレマッチではできていたと思ったので、思ったような試合になりませんでした。

森岡薫(ペスカドーラ町田)

厳しい試合を勝てたことは良かったです。以上です。

──オーシャンカップの準決勝で仲間に苦言を呈する発言があった中、この試合を見るとそれがチームに良い影響があったように見えたが。
自分はキャプテンという立場、経験を若い選手に伝えることが役目だと思っています。ピッチに入って点を決めるなどのプレーだけでなく、それ以外で発信しなければいけないと思っています。あとは、自分が我慢できなくて、はっきりと面と向かって言ってしまう。みんながそれをどう受け止めたかというところで、今日の結果や練習内容も以前よりは良かったと思います。そういう意味で言って良かったと思います。結果論ですが、自分が間違っていれば間違ったと言いますし、間違っていれば言ってもらって構わないという雰囲気でやっています。今日に関しては、僕は何もしていないですが、みんなが戦ってくれていました。今言われたように、あの発言で変わってくれたのならば嬉しいです。

■【DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1】第2節PV

Bitnami