SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.01

【F1第11節/すみだ×大阪】中4日で移動もキツくて……。「2、3時間やっても今日は勝てない気がした」(大阪 比嘉リカルド監督)

PHOTO BY軍記ひろし

8月31日(金)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第11節が墨田区総合体育館で行われ、シュライカー大阪はホームのフウガドールすみだに2-3で敗れた。

前節の湘南ベルマーレ戦から中4日で試合に臨んだ大阪は、立ち上がりこそペースをつかんだが、4分に先制ゴールを許してからは失速。前半は2-2の同点で折り返したが、23分に勝ち越されると、その後は決定的なシーンを作れず。

残り8分から加藤未渚実でパワープレーを始めたものの追いつくことができないままタイムアップ。来週の大阪共同開催に向けて弾みをつけることができなかった。

ロベカルの対戦相手じゃなくてよかった

比嘉リカルド監督(シュライカー大阪)
──今日の試合を振り返って。
前節は湘南ベルマーレとのタフな試合でいい勝ち方ができましたが、この試合まで(中4日での回復期間)が短かったかなと。もちろん相手の方が(中3日なので)短いですが、こちらも移動があったり、トレーニングもハードだったので、相手よりも走れていませんでした。このまま(フィールドプレーヤー同士の)4対4を2、3時間やったとしても今日は勝てないだろうと思ったので、(残り8分くらいから)早めにパワープレーをしました。今日はいいリズムを作れませんでした。残念です。

──点を取れる雰囲気がなかったのは、走れない以外では何か理由がありますか?
相手が上回っていました。プレスもあって、こちらはうまく回せませんでした。選手は頑張っていましたが、相手よりも走れないとキツイなと。そこにはフィジカルや移動も原因かもしれないですし、練習もキツすぎたのかもしれません。いろんなことを考えないといけません。前々節の立川・府中アスレティックFC戦は負けましたがいい攻撃をできていました。今日はそれがうまくできていませんでした。カウンターから取られたのもフィジカルのところです。そこがキツくなって、集中も切れてしまっていました。

──アルトゥール選手が前線に入るシーンがかなりあったようですが。
アルトゥールは、たまに(相手の)フィクソを外したりすることがあります。また、(アルトゥールが前に入って)チアゴが(ピヴォの位置からフィクソなどの場所に動くことで)浮けば、ミスマッチも作れます。負けているときに、選手にそういった意識がなくなったときもあったりして、(ピヴォの位置に入っている)アルトゥールに一発でパスを当てたりすることもありました。

──来週は大阪で全チームが集まる共同開催があります。Fリーグは今、ロベルト・カルロスさんの参戦などで盛り上がっていますが、こういった試みをどのように感じていますか?
フットサルを昔からやっているかもしれないですが、彼は本当にビッグネームです。そんな人が、Fリーグを盛り上げることに協力してくれるのはいいことだと思います。日本にはフットサルをしている人が多いですし、フットサルコートなどの施設も多いです。それに、メーカーやスポンサーもたくさんいますが、(プレーヤーとリーグの接点が少ないところもあるので)やっている人とリーグがつながるように。

──ロベカルさんは好きですか?
好きです。選手のころから、彼のFKのビデオを見て分析して、どうやったら決めるのかを考えていました。でも対戦相手出なくてよかったです(笑)。相手のGKは怖いと思います。彼のことを好きじゃない人なんていないんじゃないですかね。

──次節に向けて。
ずっと上位争いができるような安定した戦いができていません。次は大阪で共同開催ですし、移動のキツさはない分、他のチームよりも準備ができます。切り替えて勝ち点6を取れるように頑張っていきます。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami