SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.02

【F1第11節/Fリーグ選抜×湘南】ついに来週はロベカル参戦!!「どうなるかわからない不安とワクワク感」(Fリーグ選抜 高橋優介監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月2日(日)にDUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の第11節が行われ、Fリーグ選抜は湘南ベルマーレと町田市立総合体育館で対戦し、1-5で敗れた。

開始15秒で失点を喫したFリーグ選抜だったが、8分には三笠貴史の鋭いパスから最後は三浦憂が決めて同点とする。その後はチャンスを作り出したが、14分に湘南の6つ目のファウルから得た第2PKを新井裕生が外してしまう。すると前半終了前に勝ち越しを許して試合を折り返した。

後半も30分に三浦のシュートがクロスバーを叩くなど、チャンスを作りながら決めきれないFリーグ選抜。すると34分には失点を喫して2点差とされる。試合終盤には新井をGKに置くパワープレーに出たが、逆に連続失点を喫して試合は終了。Fリーグ選抜は第1クールを3勝2分け6敗で終えた。

基本としていることは継続して

高橋優介監督(Fリーグ選抜)

最後に点差がついたゲームでした。試合の立ち上がりと、その後リズムが良くなってチャンスがきているなという時間帯での失点。1試合を通してのリズムを取りきれずに終わったことがこの試合の敗因だと思っています。

──第一クール最終戦だったが、一巡を終えて感想は。
開幕から3試合負けが続いていましたが、チームが試合に対して慣れてきました。そういうものを繰り返してきた中で、3勝に留まっているは悔しいです。ベースは、専門的なピヴォがいないため、守備からトラジションによるカウンターがベースです。そこに関しては、第一クールではある程度できていました。リズムを取っていけるなと。今日のゲームもそうですが、相手が守備を整えてからの攻撃の部分でもう少しリズムが取れないと、湘南や中位以上のチームに対して戦う上で、厳しい戦いになると改めて痛感しました。上位の相手に対して、やろうとしていることを変えて対応する形で試合に臨めば、これまでと違った試合になるとは思います。ただ、ある程度ゲームを見ながら、自分たちの基本としていることを継続する。それは一年でチームと個人を伸ばす上で大事なことなので、流れを継続しながらやっていきたいなと思います。

──来週の大阪セントラルではロベルト・カルロス選手がチームに合流する。彼をどう取り込んで行くのか。チョンドンなどか。
選手の良さを生かすと考えるならそうなります。ただ、それはみなさんが考えていることで、それをイメージするということは、対戦相手もイメージしているはずです。公式戦なので、良い結果を出さなければいけないので、個人的には上手く使いたいなと思います。どのくらいコミュニケーションとってやれるかは未知数ですが、どうなるかわからない不安とワクワク感を持ちながら過ごしたいです。ただ、土曜日が名古屋戦なのでそうは言っていられないですが(笑)

三笠貴史(Fリーグ選抜)

大事な試合を落としてしまって悔しいですし、自分たちのリズムに失点して流れを持っていかれてしまいました。府中戦も仙台戦も大分戦も北海道戦も、全てて自分たちのリズムで失点しています。まだまだ成長できていない部分だと思いますし、そこで誰が試合巧者になってゲームを作るのか。僕のポジションもそうですが、チームで試合運びを意識していかないと、順位を上げて行く中で、ベテラン選手たちにそこを突かれると思います。

──第一クール最終戦だったが、一巡を終えて感想は。
周りの皆さんからは大健闘、予想を覆したと見られるのは嬉しいですが、この環境からしたら当たり前で、もっと良い結果を求めていかなければいけないと思っています。これに慣れてしまえば、10位で満足していては先はないです。フウガの先輩たちが働きながら試合している中で、この環境をもらってこのレベルです。もっとハングリーになって、森岡選手でも皆本選手でもやられてはいけないし、勝つんだという気持ちでピッチに立っています。一年が終わった後に後悔が残ることが嫌です。もっと突き詰めて第二クール初めから戦っていきたいですし、レギュレーション上、プレーオフには出られないですが、そこに食い込んでいきたいです。それが自分たちの可能性を証明するものであり、そこを目指してやっていきたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

Bitnami