SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.09.08

【F1第12節/浜松×北海道】薄氷の1-0の勝利。「やるからには感情を抜きにして正々堂々とやろうと」(浜松 豊島明監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月8日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の共同開催、大阪ラウンド2日目の第2試合に登場したアグレミーナ浜松はエスポラーダ北海道に1-0で勝利した。

立ち上がりから膠着した試合は、前半の残り18秒、松浦勇武のゴールで浜松が先制。後半も浜松がチャンスを作ったものの、北海道の守備を打ち破れないまま時間が経過したが、終盤は相手のパワープレーの猛攻をしのいで、ようやく今シーズン2勝目を手にした。

第1クールはかなり悲惨な結果だったけど……

豊島明監督(アグレミーナ浜松)

まず最初に、北海道さんが災害に遭われたということで、正直、昨日までは開催がどうなるのかというところもあったので、やりづらい部分も少なからずあったのですが、スポーツの世界ではそこは、やるからには感情を抜きにして正々堂々とやろうと。少し気にしている選手がいてメンタル的な難しさもあったので、僕らもチームの状況が振るわない中で、気持ちを奮い立たせて、1-0という状況でゲームをコントロールしてやってくれたと思います。この勝利が明日につながるのかなと大きく感じています。

松浦勇武(アグレミーナ浜松)

北海道で大規模な地震が起きた中で、僕たち選手ができるのは全力でプレーすることで、そういった(被災された)方々に元気や勇気を与えられることしかないと思っているので、そういう気持ちで臨みました。試合はボールを保持できましたが、北海道の守備に手こずって、なかなか決めるべきところで決めきれない中で、なんとか1点を取れて、その後にも何度かピンチがあったのですがチーム全員で守り抜けて。第1クールはかなり悲惨な結果だったのですが、第2クールの始めにこういう勝利ができてすごく嬉しいです。この勝利を無駄にしないためにも、次のバサジィ大分戦、その次の名古屋オーシャンズ戦と1戦1戦、つなげられるように、もう切り替えていい準備をしたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami